ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフ◇クラブ調整

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライ角度やロフト角度など 調整やフィッティングの仕事がたびたびあります。

ボールがつかまらないや 左に引っかかる など症状は色々だと思いますが、 軟鉄のアイアンだから 物理的には調整は簡単です。 1セット 調整だけなら30分もかかりません。

ですが、その症状がライ角度やロフト角度のせい とは限りません。

ご依頼の際は ✋スイングや総合的なクラブ診断は抜きに  単に ライ角度・ロフト角度を指定して下さるか ✋スイングも含め、クラブ診断をして  その症状を取り去る原因を見つける方がよいか 正直におっしゃって下さると助かります。

ご本人が上手く打ててない なんて言いません。 私達は アマチュア…言葉悪く言えば 素人ですから、 上手く打てないのはある意味、当然。

そうでなく、 『つかまらない』 『ひっかかる』 『ボールが上がりすぎる』 『ボールが上がらない』 などの原因は もう少し複合的な要素で生まれます。

スイング、クラブの扱い方との兼ね合いもありますが、 ライ角度やロフト角度は 『使う方の体力』や 『装着されているシャフトの硬さ』 『ヘッドの重さ』 と『ロフト角度やライ角度』 の兼ね合いになります。    特に シャフトの硬さは一番比重が重いですね…。

ライ角度の調整が有効な場合は ソールの傷の位置 (ヒール~トゥ方向) と フェース面上のボール痕(ヒール~トゥ方向) が 一致している場合のみです。 001

ソールの傷は トゥ側にあるのに フェース面上の打点(打痕)がヒールにある場合など ライ角度を プラスマイナス2度調整しても ほぼ何も効果はありません。

また ライ角度はロフトの立ったモノに対しては あまり出球の左右方向への影響は大きくなく 30度よりも立ったロフトの場合、 2度程度の変化では 方向を左右しません。 45度よりも寝た、大きなロフトの場合 ライ角度の方向への影響はかなり大きいです。

で、困ったことに市販のアイアンセットは 全体の中で ウエッヂのシャフトが硬めのことが多く シャフトの硬さの流れ、セットとしての流れが 崩れていることがとても多いことです。

ライ角度は使う方のヘッドスピードと シャフトの硬さに非常に左右されます。 硬いシャフトを使う場合は  やや寝た…数値の小さいモノでも使えますが 柔らかめのシャフトを使う場合は  やや立ち目、アップライトな方が使い勝手は良いです。

ですが、ライ角度は使ううちに そのライ角度に応じて 無意識に、そこそこ時間をかけて ボールとの距離を変えたり 構え方が変えてしまう、変わってしまうこともあるので フラットにすれば、アップライトにすれば 万事解決するモノでもありません。

と 同時に  硬いシャフトを自分からしならせて使うように成れば  また話は変わってきます。 やはり 使うのは人間なんだ というコトです。

また ロフトに関しては ボールを立てる調整に関しては ロフトを立てると それと同量バンス角度が減ります。 ロフトを寝かして打つ傾向のある方や 煽り打ちが多い方などは 数値としてのロフトが立っても  実質使用ロフトは変わらなくなるので 調整の意味はありません。

ロフトに関しても、ライに関しても まあ、例外がない と言って良いほど 調整が必要な方は キツイスペック 要するに 硬くて使いきれていないシャフトを使っています。

厳しい言い方ですが、ライ角度には疑問を抱くのに シャフトの硬さには疑問を抱かない というコトの方が 問題を深くすると「わたしは」感じます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
スイング軌道
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

NEW!【留学プログラム・受講生募集】『アルビレックス新潟バルセロナ フットボールアカデミー』【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ゴルフスイング ⛳ 『悪癖』 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

茨大村での夜型サイクル【コンディショニングトレーナー平出貴子のブログ『Rai's☆ラクロス✖️コンディショニング』】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:232
  • 累計のページビュー:1310145

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss