ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

知っておこう「ボールがつかまる」というコト

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人が間違ってます。 この勘違いがスイングを壊している もしくは作り間違えているのを多く見かけますし、 それを理解していないレッスンプロも少なくありません。

トーナメントを解説している元プロでも よく理解していない人もいます。

とても重要なポイント、概念です。

アドレス方向、目標方向が 黄色い矢印として ヘッドの移動している軌跡 に対し ヘッドの向きが スクエアならば ボールの横回転は入りません。 (実際には不可能に近いです)

ですので、 正しいスイングでは 体が右を向いている➡正面を向く という過程の中でインパクトに入りますから 飛球線に対しては やや右を向いた状態 というのが 正規なダウンスイングです。

この軌跡、移動線、俗に言うスイングプレーンに対し ✋フェースが左を向いていると ボールには左回転 ✋フェースが右を向いていると ボールには右回転 が入りますが、入りますが、入りますが、 これは単に 左右のボールの横回転に過ぎません。

一般的には 右回転 イコール ボールが捕まっていない と言われますが、ある意味 大間違い です。 (ある意味なのは後ほど説明します)

ボールのつかまりは横回転と直接的には関係ないのです。

スイングは立体ですので これと同じことが ロフトにも発生します。

その時のことを理解するのに必要なので  こちらを先に読んでおいてください 👉リンクテキスト そのクラブの 正規なロフト作用 とは そのクラブの長さによって 作り出される前傾姿勢分 (厳密にする必要は一切ありません) 上から入ってきます。 それに対し、シャフトが飛球線・左・進行方向前に 傾いた状態でインパクトに入ってくるのが正規な状態です。 (ロフトが立って見える状態~見た目/ハンドファースト) それよりも シャフトが前に、   飛球線に傾いていない状態をロフトの寝た状態、 それよりも シャフトがさらに前に、   飛球線に傾いた状態をロフトの立った状態、 と言います。

これが「ぼーるのつかまり」  「ボールがつかまらない」です。

よって インパクトが このような状態では 正規のロフト作用にならないので ボールが捕まりません。

これがゴルフクラブの構造上、 ロフトが立たない➡ボールが捕まらない のと フェースが軌道に対し開いてしまう が 非常に関連しているので つかまっていない時、右回転が「多い」に過ぎず、 左回転が入っていても、つかまっていない球は存在します。

よって スイングとしては間違っていますが、 フェースターンとは フェースの向きを変えている のではなく、 ロフト具合を変えているのです。 フェースターンそのものは脳みそ筋肉の人以外には お薦めしませんが、その左右と上下の目的を間違えて それをしようとすると絶対に答えは出てきません。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スイング軌道
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフはゴロふ【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

重要です✋スタンスチェックしましょう! 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ミスショットの原因は「クラブセッティング」 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1309914

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss