ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

重要です✋スタンスチェックしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スイングに悩みが発生したり、問題が起こったら 必ずここに戻ってください。

まず ボールの位置ですが ボールの前面が左の脚の踵付近 これが基本です。 これは持つ番手やクラブに関係なく この位置を維持しましょう。 クラブの長さによって変わるのは 右靴、右足の位置であって 左靴とボールの関係は一定にします。

ドライバーなどティーアップしたものを打つ場合 そのティーアップ分を目安に その量分だけさらに左に置く 感じです。

次にたぶん問題の原因…になっているのが スタンスの向きです。 多くの人は右目が利き目です。 色々な要素が含まれますが、利き目が右の人は 放っておくと クローズスタンス になります。 構えが右向きになる という事です。 右向きのまま 左足踵にボールをセットすると 必要以上にボールは外(左)に出た形になるので 普通に振ると届かなくなるので スイングの順序や形態が それに応じて変化してしまいます。

普段からそれを心がけておく必要があります。

スタンスの向きは つま先ではなく 踵ライン 両方の踵を結んだラインです。 それをクローズではなく ややオープンにして 慣れていく必要があります。

リンクテキスト 飛球線に対し平行を時計の12時とすると 疲れてきたり、緊張したりしてくると1時位 時計の針1時間位右を向き易くなりますから 練習では 11時くらいを目安に左を向いておくことを 慣れておいた方が良いと思います。

多くの人は 両つま先で左足のつま先の方が開き目 であるので余計です。つま先で見た時にどの位オープン 左向きになるのが 正規のスクエアか把握しておく 必要があります。

とてもシンプルなことですが スイング基盤になるものです。 体の向き、ボールの位置によってグリップも変わります。 オーソドックスですがクラブなどを置いて 十字を作って確認してみるのも良いと思います。 .



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフ雑記
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ミスショットの原因は「クラブセッティング」 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

スポーツで社会問題解決!!【If you can dream it, you can do it.】

身体を上手に使う【コンディショニングトレーナー平出貴子のブログ『Rai's☆ラクロス✖️コンディショニング』】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1310145

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss