ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

「高打ち出し/低スピン」の罠

このエントリーをはてなブックマークに追加

確かに 理論上は 「高打ち出し/低スピン」というのは ボールを遠くに飛ばす「機会」ではあります。

しかし これには重大な問題が秘めています。

それを踏まえた上で この言葉を飲み込まないと スイングをおかしくするばかりでなく かなり深刻に体を痛める可能性があります。

リンクテキスト

物理的に、ゴルフクラブの性能によって 高い打ちだし角度を造るのには 大きなロフトが必要です。 ところが 大きなロフトのクラブは 高い打ち出しだけでなく、多いスピンも生んでしまいます。

逆に、低スピンを作り出すには 小さなロフトが必要ですが、 これは 低い打ち出しが伴ってしまいます。

つまり ゴルフクラブの性能にとっては 「高い打ち出しと低スピン」は 相反する関係にあって この言葉は ゴルフクラブではなく 「打ち方」「スイング」 のことを指しているのです。

ゴルフクラブの宣伝文句に 「高打ち出し/低スピン」をうたっているとすれば 私は何もしませんから、買うあなたがなんとかしてください そう言う意味と思って間違いないと思います。

そして、問題点はまだあります。  スイングにもうふたつ。

❶「高打ち出し/低スピン」 スイング…人間の動作にも問題を生じさせます。 高打ち出しを実行するには 煽り打ち インパクトをかなり 上昇軌道に入れなくてはイケマセン。 手で振ろうが、体の回転で打とうが 上昇軌道というのは スイングの中では 左を向く、別な言い方では、体を開く時期を指しており 体は開いているのに スライスさせずに ボールを打つ といのは難易度の高いテクニックです。 高打ち出しのために上を向けば 同時に体は開くのですから 普通にしたら 「高打ち出し/高スピン」になるのを 無理やり 低スピンにするのです。…無理 その分の 歪みは体に来ます。 体を上に、左に大きくひねることになるので 体を深刻に痛める可能性が少なくないです。

この理論は ゴルフヒッティングマシン から生まれていると言ってもよく、 人間とは全く異なる箇所の関節 アームそのものを弾いて打つ打ち方 人間がそうなれ というのはムリがあります。

❷アマチュアの平均的にボール速度 ドライバーでのボール速度は 60ms に届きません。 おそらく 56~57ms あたりでしょう。 そのボール速度だと 高打ち出し/低スピンにすれば ボールの浮力を失い、失速します。 ボール速度 60ms をはるかに超える人 にとって 有効な方法であり、 アマチュアには 飛ばなくなる可能性だけでなく 体の痛める可能性 スイングを壊す可能性 があるのですから、 ゴルフ業界全体が気付く必要があるのですが。。。。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スイング軌道
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【書籍紹介】「スポーツ業界の歩き方」河島 徳基(著)【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

9月24日 第2回選考会 詳細【衣浦東部消防局陸上部】

【求人情報】<アルバイト募集/イベント運営スタッフ>運動会屋(NPO法人ジャパンスポーツコミュニケーションズ)【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:190
  • 累計のページビュー:1282259

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. キャディでの体験記
  7. トーナメントを見て
  8. 軽量スチール撲滅主義
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss