ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフグリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

そうですね…、数えたことはありませんが おそらく 数十万本のグリップを交換、装着した と思います。

そんな数をやっていると グリップの痛みとシャフトの硬さには相関関係が あることに気付いてきます。

左手の親指の部分の痛みは ハッキリと硬いシャフトを使っている というか 使う人にとって「オーバースペック」な硬さを使っている 証なのだと思います。

ハミングバードでは 20数年の歳月で ドライバーシャフトの硬さ~振動数では 240cpm 位から始まり 220 ➟ 200 ➟ 180 ➟ 160 4年サイクル位でこの位落ちてきています。 それに伴い グリップの痛み 数年使っても 痛みのあまり見られない状態に どんどんとなってきており それは確信になってきました。

スイングに至っては シャフトの硬さが落ちてくると ハッキリと アマチュアゴルファーの悩みの一つ 「オーバースイング」は減少、消滅していきます。 先日も書きましたが、 某女子プロのあのスイングは 幼少の頃に お父さんの使わなくなったクラブ (使わなくなった…という時点でキツイのですが) それを身長に合わせて 切られた めちゃ堅い、めちゃヘッドの軽い クラブによって 作り出されたスイングです。

左手の親指の部分が痛む ということは そこに特別な「摩擦」があるという事で スイング中にそこが動いている、もしくは握り直し があるということですから 硬いシャフトを しならせて しなりもどす シャフトをしならせる ということは グリップ部とヘッド部の移動量が大きく異なる という意味ですから 先端に重さの付いたヘッド部をグリップ部よりも多く動かせば それだけ強く握っていないと クラブは放り出てしまいます。

不思議なのはグリップ(シャフト)には テーパーが付いており、お尻…後端に向けて 緩やかに太くなっています。 シンプルに遠心力に逆らう のであれば エンド部分が痛みそうなものですが、 左手の親指付近が支点になるような 何か特殊な摩擦が必要になる ということです。 エンド部に比べると細くなっていますから 接触面積が足らず、より強くチカラが必要 ということでもあります。

ところが、距離が変わる訳でもなく 場合によっては伸びるケースも少なくないのに シャフトが柔らかくなってくると と、同時にヘッドも重たくなってきているのに グリップの痛みはかなりはっきりと軽減されます。

細いグリップを好む理由 と 硬いシャフトを好む理由・・・・ なんだか 私にはよく分からないですが、 グリップを見る限り 硬いシャフトはより握力が必要で より複雑な行程が必要になる と断言できます



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

マラソンシューズがこのところ【no title】

ゴルフクラブ◆飛ばしの秘密 ①長尺【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブ◆飛ばせるアイアンの秘密 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:397
  • 累計のページビュー:1299753

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss