ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

アプローチほどスイングの良し悪しで決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

体を正面に向けたまま クラブだけを振る…

こうやって振っている限り アプローチショットの苦手からなかなか抜け出せないよ。

IMG_0624

アイアンやウエッヂは ロフトが大きくなってくると ソールのバンス角度が増えてきます。 機種によって微妙に異なるけれど 9番やピッチングウエッヂになってくると 10度前後のバンス角度が付いてくる。

バンス角度とは このような状態で リーディングエッジ(フェース側)の方が高くなる ソールの角度。 10度のバンス、となると シャフトが飛球線方向に10度倒れていて (ハンドファースト) ソールは地面と平行になる感じだ。

体の回転でなく 腕の振りでクラブを振ると インパクトのグリップ位置は アドレス時よりも右にずれやすくなる。 サンドウエッヂであれば モノによって 15度位のバンス角度があるから インパクトまでに シャフトが垂直の状態…や ヘッドがグリップよりも前に出てしまうと ボールとヘッド(フェース)がコンタクトする前に バンスが地面と激しく接触してしまうので 跳ねることになる。 ダフリになるか、トップになるかは状況次第だが そのミスは グリーン周りでは致命傷( ;∀;)

振り方を変えずに、それを回避するのには スピードが必要になるから 当然・・・・難易度は高くなる。

本来 バンスはそれによって インパクトのヘッド姿勢に補正を加え 安定したロフト姿勢になるように存在しているのだが 扱い方によっては 邪魔のものになってしまう。 ミスに対する寛容性 の役割のモノを ミスするためのもの にしてしまうのは勿体無い。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スイング軌道
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スライス(こすり球)撲滅キャンペーン 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

アウトサイドイン/カット軌道 スイング軌道のお話し 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

【求人情報】<法人営業社員募集>株式会社イースリー【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:388
  • 累計のページビュー:1301254

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss