ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフ◆スクエアグリップのすゝめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

グリップを『正しく』『美しく』握るは アドレスの姿勢やスイング、 特にテークアウェイの初期動作を決めてしまう。

グリップする際、フックに握るか、そうでないか 問われることが多い。 最近では左だけをフックに握り、右はスクエア というやや変則的なグリップが主流になりつつあるが まず 気にして欲しいのは グリップの上下離れ「距離感」だ‼

グリップは基本的に右手の方が遠いところを握る。 しかし、腕の長さは左右同じ。 左右のグリップがより離れたところを握れば そのギャップはどんどん大きくなって 当然アドレスの姿勢にしわ寄せがくることになる。

出来るだけ左右のグリップが上下に くっ付いたグリップを作れるのが望ましい。

そして次に(グリップの密着の元になる話だけれど) 左のフックグリップを避けたい。

何故 左のフックグリップを避けたいか というと 左がフックに握ってしまうことによって 本来 入ってくる右グリップの場所が 左グリップの親指によって塞がれてしまい 右グリップが横から握らなくてはならなくなるからで そうなると 左右グリップの上下離れは強くなり アドレス時から 左グリップは体のセンターに寄せられ 左手の甲側への逆スナップされた状態から スイングは始まることになる。

インパクト時、ショット時、 多くのゴルファーは上を向いてしまう姿勢に苦しむのに アドレスのこの時点でもう上を向く準備が出来てしまう このグリップには良いことは何もない。

グリップは左右両方で1ユニットのものなので それが出来るように目指したい。

そのうえで 左グリップがフック もしくは左右のグリップが上下に離れてしまう主な理由は テークアウェイを体の回転でなく 左腕~左肩 だけで上げてしまうことにあるので グリップを改良していくという意味でも テークアウェイを右ひじの後ろへの引き という点で行ってもらいたいと思う。

そのテークアウェイの引き方が変わらない限り グリップのみを修正しても 数球打てば必ず元のグリップに戻ってしまうし ましてや コースでそのグリップを実施することは 不可能になってしまう。

コースで18H 疲れてくるとグリップは変化する。 必ず 自分のテークアウェイを取り易い 自分のオリジナルのスイングに適したグリップが始まるので その点にも注意しておくといいだろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スイング軌道
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフショット・スライス【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

9月15日の練習 ジョグとスピード(少し)【衣浦東部消防局陸上部】

いまどきの『スイング軌道』論【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:397
  • 累計のページビュー:1299753

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss