ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

いまどきの『スイング軌道』論

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフ雑誌やゴルフレッスン、ブログなどで スイング軌道の話は大量に登場してきます。

あまり言いたくはありませんが、 ほぼ全部の内容が芳しくなく、受け売りに過ぎません。 言っている人、書いている人が スイング軌道の基本を全く理解していません。

私もスイング軌道について 多く書くので とても大切なコトのようですが、 スイング軌道は手段、 ボールを飛ばしたり、似た球筋を打つ為の手段で スイングにとっての目的ではありません。

ですので、スイング軌道の見た目 他人から見える そのスイングの軌道を 手さばきやタイミングで治すことには 正直、何ら意味を見出せません。

例えば 手で振っているとしても 飛距離に満足しており、似た球を毎回打てているのなら スイング軌道など全く気にする必要はないと思います。 ただ 唯一 手で振る欠点としては、 加齢などの体力低下に非常に左右され易いのと 体を痛める原因になり易い ということで、 そこを気にしないのなら 意見するつもりは無く、 逆に、意味のないスイング軌道(のまねごと)論など追いかける方が 馬鹿らしいと思います。 自分の為に、自分の楽しみのために ゴルフをしているのですから、 他人に見られるためだけの スイング軌道の真似ごと論など アマチュアを苦しめるだけで何のメリットもありません。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
スイング軌道
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スライス☆ランキング 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

スポーツ少年団における、親の責任とは?【半人前バスケコーチの独り言】

L型ブリストルパターのシャフト 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:196
  • 累計のページビュー:1282454

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. キャディでの体験記
  7. トーナメントを見て
  8. 軽量スチール撲滅主義
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss