ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

スライス☆ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に右打ちの人の弾道が 右に曲がる~右回転が入る コト を 総称して『スライス』と呼んでいます。

右回転がボールに入るメカニズムは ヘッドの移動してきた軌道に対し  ライ角度等も含め立体的に フェース面が右を向いている時、発生します。

スライスの飛ぶ方向として 大別して二種類あります。 ❶アドレスの向きに対し真っ直ぐ、  もしくは右に出て 右に曲がる ❷アドレスの向きに対し、左に出て、右に曲がる

なかなか評価が難しい所ではありますが、 ❶の方が 現時点ではOBなどで苦労していますが  修繕は簡単です。 逆に❷の方が 現時点で実践的であるので  修繕の必要性が薄いのもありますが、  軌道そのものが左に飛ぶ軌道になっており  それに対し、フェースを閉じる作業が強く  入っています。  一般的には ❶から始まり、訓練を経て  ❷に行き着いています。

フェースの閉じ・ヘッドの回転・ローテーションは すればするほど 基準になる軌道が左向きになり易く それに応じた 立体的なフェース面の向きを かなり練習して習得しているのでしょう。

もう一つ スライスの飛び出る上下の方向というのがあります。 ①やや低めに飛び出て スピンが多く入り右に曲がる  ②に比べると曲がる量が大きく、弾道も速め。 ②高めに飛び出て、スピンが緩やかに入り右に曲がる  ①に比べると曲がりが少なく、弾道も遅め。

コチラはヘッドの入ってくる上下の角度に対しての ロフト姿勢の作り方 が関係してきます。 ①は上から入れられていますが、それに対しロフトが開いて  フェースが開いています。➡スライスの初歩段階と言えます。 ②は煽り打ちが入っています。  当たった時に飛距離は①の方が飛ぶんですが、  ②の方が曲がりが少なく、飛びませんが使える球筋…。  修正の必要性に迫られないので治しにくいパターンです。

例外もない訳ではありませんが、 方向の❶ 右に出て右に曲がる は 角度の① 低めに出てスピンが多く入り曲がる のパターンが大半で 方向の❷ 左に出て左に曲がる は 角度の② 高めに出て大きく曲がらない(←飛ばない)     ☞飛ばないから痛手を負わない…のですが…

年齢とともに飛ばなくなってくる 体力が落ちてきた時に ❶①のパターンは飛距離回復の余地がかなりありますが、 ❷②のパターンはスイングを大幅に改善しないと    かなり苦しくなります。

❷②のゴルファーは アプローチなど寄せによって ゴルフを構築している場合が多く、 しゃくって・あおって クラブだけを振っても 上手く打てる アプローチを修練によって身に着けているので そこから脱するのは難しい…ケースが多いでしょう。

また ❷②のゴルファーの多くは 軽いヘッド・硬いシャフトを好んで使う傾向にあるので 体力で補えなくなった時、助けて貰う手段が少なくなります。

出来れば 早いうちに自分のクラブの扱い スイングを見つめ、将来の為にプランを立てておきましょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
史上最低のスウィン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スポーツ少年団における、親の責任とは?【半人前バスケコーチの独り言】

L型ブリストルパターのシャフト 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブ◆シャフト選び トルク編 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:241
  • 累計のページビュー:1282694

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. キャディでの体験記
  7. トーナメントを見て
  8. 軽量スチール撲滅主義
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss