ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ショットの答えはソールに聞いてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェースに残る打痕とソールのすり跡 その双方を照らし合わせると おおよその自分のショット・スイング というのは出てきます。

まずはフェースの打痕から。

ボールはロフトが立っているほど潰れます。 ロフトの大きなもの、 インパクトロフトが45度を超えるものになると ボールには上方にこすれた痕が付き始めます。

そのロフトは丁度 9番アイアンとPWの境あたり になりますから、それよりも下の8番、7番… がこすったあとになっているのは ロフトを開いて打っている証です。

と同時に ロフトの寝たものほど ボールはリーディングエッジ(下方)になります。 ロフトが立っていると 打痕より下に空間が 出来ますが、8番アイアンより多いロフトのモノで あると リーディングエッジに打痕が被っていて 良いほど下です。

大きなロフトのモノでも 打痕が上にある場合、ダフッているか 煽って振っている可能性があります。

001

ソールに付いてですが、 打痕とのコンビを見てみましょう。 地面からボールを打つクラブの場合 ソールの擦り傷の位置とボールの打痕位置が ヒール~トゥ方向で似ているのが良好な状態です。 よくある例ですが、 その双方の傷・跡が揃っていないのに ライ調整しても効果はありません。

ウッド形状のものでは ソールのお尻の部分とリーディングエッジとで 前後どちらに「すり跡」が寄っているか が弾道や高さ、飛距離を表しています。 上手にとらえられていれば ソールの真ん中付近からリーディングエッジにかけて 前方への擦り傷になります。 飛距離不足、不必要な高さ、ゆるいだらしない球の場合 真ん中から後方(お尻)への傷になります。

また スイングの軌道も見て取れます。 ロフトの立っているものは概ね長いモノです。 長いクラブのソールの傷は ヒールからトゥに向けて やや開いた感じです。 これがロフトが寝てくる(クラブが短く)と だんだんリーディングエッジに垂直なものになってきます。

ただその角度が逆になるのは芳しくなく 体が大幅に開いたタイミング 体が上を向いたタイミングでのインパクトの可能性が高く ソールのすり跡を見ながらの練習も役に立つでしょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフスイング◇素振り 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

8月26日の練習【衣浦東部消防局陸上部】

辻村貴浩 51日目 [タグ配布]【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1277353

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. 軽量スチール撲滅主義
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss