ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフスイング◇切り返し

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフスイング用語には 『切り返し』というものがありますが、 時期…で言えば テークバック➡トップ➡ダウンスイングの初動 を指すでしょう。

これを多くの方は 『動作』とも認識していますが、 ハミングバードはそれに賛成できません。 スイングには そんな『動作』はない! と考えています。 『切り返し』を動作にしてはいけない と考えています。

切り返しを動作にしてしまうと トップオブスイング付近で  シャフトをしならせる行為 が必ず付いてきます。 反動をつける ような形になります。

トップでシャフトをしならせる行為とは  ヘッドだけ動かし・グリップの移動を止める 行為です。 ゴルフクラブの構造上、 グリップがクラブの中で一番低い位置になり、 その重さを使って「グリップを動かせる機会」、 その重さを利用出きる唯一の機会・時期に 「グリップを止めてしまう」 のはとても残念です。

その動作をスイングに入れてしまうと ダウンスイングにおいて 必ず 体の回転が先行してしまい、グリップが遅れ 手遅れになります。 切り返しで反動をつけてしまうと クラブ(シャフト)は寝てしまい フェースは開く形になってしまうので、 クラブは重くなりますから、より遅れます。

クラブの慣性に引っ張られ 切り返しでダウンスイング方向に 動き始める筈の体に部位の中で  左腕だけがその反対~テークバック方向に 動くことになりますから 初期の 左腕(上腕)の遅れ につながりますし、 クラブが寝てしまい重くなるので 右腕/右サイドに必要以上に重さ がかかり 右ひじが下がる~右サイドが下がるの きっけけとなってしまいます。

ダウンスイングからインパクトにかけての 右サイドの下がりや体のツッコミ それそのものを治すよりも 切り返しという行為 そのモノに原因があったりします。

実際に、トップでクラブをとめる かどうかは 好みやタイミングの取り方によってそれぞれ だとは思いますが、トップでクラブを揺らさず 一度止められるスイングを練習に 身に着けておいて損は無いと思います。 静止したトップの位置から 反動を付けず、ゴルフクラブの重さを認識して ダウンスイングを始める のはとても有効な練習です。

トップでの『切り返し』の動作は 車で言うと リバース*バック に入れたギアを 車を止めずに ドライブに入れて タイヤが鳴る ような感じでしょう。 クラブはここで一度重くなります。 そして グリップが止まり、一呼吸おいて クラブがそのしなった反動で動くので スイングの動作、感覚として身に付きやすい とても覚えやすい行為ですので危険です。 スイングのリズム感をクラブの反動によって 創り出してしまうので、 右向き不足や打ち急ぎにつながります。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

悶絶ゴルフクラブのご案内【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフ◆現場へ出た時の注意点 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

辻村貴浩 49日目 [カナダ火事]【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1291333

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss