ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフスイング◆インパクトロフト

このエントリーをはてなブックマークに追加

理想的なインパクトロフトとは… 言葉で言うと、入射角度 *ヘッドの入ってくる角度…旅客機が着陸してくる角度 その入射角度分(以上)、ロフトが立っていること ですけれど

その角度を手首や肘、腕周り で作ってはいけません。

良くも悪くもロフトを 一番大きく動かしてしまうのは 両肩~上半身のラインです。

ですから、ロフトに関して インパクト、という動作中、動いている最中で 時間としては一瞬しかないような箇所を ヘッドで形成しようとするのは難しすぎます。 (イメージは持っていいと思いますが)

どんなに手先でヘッドのロフトを立てていた としても 体の姿勢(胸のライン、肩のライン)が このように傾いていたら

ロフトは立ちませんし、 逆に手先で立てていたら、上に向かって 少ないロフトで打つことになるので ボールに浮力がつかなくなってしまいます。

そこで悶絶クラブ… ヘッドが市販の平均的なモノより50g以上重くて シャフトが市販の平均的なモノより100cpmも 柔らかいものを折角使っているのですから 体の修行でなく、頭の体操、 筋力では無く、感覚で解決していきましょう。

スイングには前傾姿勢と言う傾きが有るので 右を向いている時は右側の方が高くなります。 インパクトは体とボールの関係は 出来るだけ正面(元の状態)に近い辺りですから インパクトまでは右向き(度合いは変化しますが) …即ち 理想的には、インパクトまで 右の方が高く、左の方が低く となる訳です。

それをテクニックでは無く クラブの重さとシャフトの柔らかさに 促されてしまうようにしてしまうのが、クラブ使いのポイント。

そう ボールを打ちながら 弾道や距離、ではなく、どんな風に重さが掛かっているか 感じてみることが大切です。

重さは当り前ですが、低い方へと行きたがります。 ダウンスイングでどちらの腕に 重さが掛かっていますか? 重さは必ず低い方の腕、低い方の肘に 掛かってきます。 この姿勢であれば左ですね。 左腕に重さが掛かれば、左サイドは低く「成り易く」なります から、理想としている「インパクトまでは左が低い」というのを 維持しやすくなりますよね(*^^)v

ところが、このように右ひじに重さが 掛かってしまう状況では 必然的に右最後が下がり、左サイドが上がります こうなってしまうと、クラブだけでなく 体の重さも右に残ってしまうことになるので 体重移動は勿論のこと、上に振る事になってしまう。。。

これでは「こする」か、「空へのドラコン」 ロフトが下手に立てられる人には浮力の足らないボールに…

まずはダウンでどちらの「肘」に重さが掛かっているか 感じて貰いたい。 まずはそこから(^.^)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ドライバーヘッド『重心高さ』で選べ♪ 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフ⛳ロフトを立てる~ボールを潰す 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブ◇重心位置と「力み」【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:149
  • 累計のページビュー:1276987

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. 軽量スチール撲滅主義
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss