ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフショット■飛ばす&飛ばない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフの魅力の一つに『飛距離』があります。

多くのゴルファーは 飛距離➡ヘッドスピードと直結してると思っていますが それは間違いです。

色々な条件がイコールであるのなら それはヘッドスピード次第となりますが 多くの人はヘッドスピード自体を出すためのヘッドスピード 飛距離を出すためのヘッドスピードになっていません。

そして重要なことは 飛距離を目指したクラブの使い方は 同時、安定性、方向性も両立しやすい ということなのです。

この二つのクラブの使い方を見て下さい 左側は多くの人がイメージしている 支点のあるクラブ使い 右はヘッドとグリップの移動の量が等しい(似ている) クラブの使い方です。

同じような始発点からスタートしても ヘッドを回す方のクラブの扱い方は グリップに比べて 極端に  …1/4円×長さ×3.14 ヘッドの方が多く動いています。 これを作り出すのには ヘッドの進行方向と反対にグリップを動かす作用があるので ヘッドを移動させている量(労力)なりに ヘッドの移動速度は稼げません。

✴ショットをする時に忘れてはいけないのは当たり前ですが ボールを打つことです。 ボールを打つ 飛ばす 移動させる というのは 質量との対決です。 より遠くへ飛ばすには より重い力が掛かりますし 早くヘッドを動かせば、インパクト時の衝突質量は高くなります。 グリップを止めてヘッドだけを動かす方法だと クラブヘッドだけが進行方向に進んでいて クラブ全体は進行方向に進んでいません。 故に クラブや腕などの慣性力が低く インパクト時に受ける重さの『逃げ』が出来てしまいます。 右のクラブの扱いだと クラブ全体が進行方向に進んでおり それは同時に腕という質量も伴ないますから インパクト時の質量に対し慣性力が強いので 質量負けし難くなります。

想像できると思いますが ヘッドだけが大きく動く振り方だと ロフトや向き、ヘッドの立体的な位置などが ほんの少しの移動で大きく変わるので それぞれが理想的なインパクトに収まるのは 非常にレアな確率になります。

クラブそのものの違いも乗っかってきます。 ヘッドを振るスイングをする人は その行為がしやすいクラブ≒軽いヘッドを好みますから それもインパクト時の慣性力の低下につながります。

クラブを下に振れば その遠心力分、上に体を引いていないと ボールよりもはるか手前をダフルことになりますから ヘッド以外はいつも違う方向、 反対の方向に動いていることが少なくありません。

一方 クラブごとインパクトに入ってくる場合は 野球などでも言われる言葉ですが 体も含めて 動作がほぼ同じ方向に移動しているので インパクトに体重が乗せやすくなります。

ヘッドを振るスイングは 冒頭で書いた通り 重さをどかす という事を忘れてしまい ただ単にヘッドスピードを上げるためだけの 無意味な罠にはまってしまっているのです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

辻村貴浩 43日目 [オールスター]【ホシノドリームズプロジェクト】

ゴルフクラブ◆シャフト選び 『シャフトの硬さ』 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ファッション的かつ機能的なバレーボールシューズ【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1291333

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss