ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフクラブ◇ミスの寛容性は質量が一番持っている

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的なゴルフクラブ。。。 カタログ上などではあまり問われることはありません。 とても不思議な部分というか そんなに難しくない物理思考であっても、力学であっても 答えは明白です。

打撃するのに 打撃物、この場合はゴルフクラブヘッドですが この質量は 破壊力に直結します。 勿論それは移動速度との融合ではあります。

補足 ではありますが、実証したデータでは 普通のゴルフクラブを基準に ヘッド重量だけを変えた場合 プラスしても、マイナスしても 50g程度の質量変化では ヘッドスピードの変化は起こりません。

速度が変わらず 打撃部分の重さが増えれば それは もちろん打撃力・破壊力の増大につながります。

重さ増加 は イコール モーメント、慣性の増大にもつながり ヘッドが運動、移動する場合 その姿勢を維持し、運動を続ける力の増大になるのです。 ですので バンカーやラフ、濡れた芝など ボール以外のものも どかさなくてはならない時 その威力を発揮します。 『打ち抜く力』が増す ということですね。

市販のウエッヂなどは 軽すぎて 正直、その質量ではバンカー嫌い・苦手を生み出す要因に なっているとしか思えません。 厳密に言うと その軽いヘッドと硬いシャフトの組み合わせは 軽いから グリップを押す作用 クラブの運動・移動を続ける力が弱く 対質量にも弱くなります。 そのうえ その重さをグリップに伝え グリップの移動を促す力も シャフトの硬さ ゆえ さらに減少しますから バンカー・・・・ 出にくいでしょうねー。

それと同時に 姿勢変化、運動維持性能が高い重いヘッドは ミスヒットにも非常に強くなります。

ヘッドそのものの慣性モーメントが大きいので あまり良い姿勢、良い場所でなく ボールに当たった場合であっても そのボールの質量・負荷に負けにくいので ヘッド姿勢の変化を起こしにくく、減速もかかりにくいのが 大きな特徴であります。

よく弊社の L型ブリストルパターはどこで打てば (フェース、トゥ~ヒール方向のどのあたり?) という質問を頂きますが、だいたいフェースの中ほどで打てれば どこに当たっても全く変わりはありません。 故に トップブレードの印など 視覚的に残像の残りやすいものを打ちたいとは思っていません。

012

質量が大きいと トップやダフリにも非常に強く しかも ちゃんとした使い方を覚えれば その 打撃力・破壊力は距離の増大に使えるのですから なにも デメリットはないと思うのですが…。

例えば ヘッドが重いと…振りにくい とは言っても 重さが負荷になるのは 重力に逆らい ものの高さを上げる時ですから スイングにとっては テークアウェイに当たると思います。 長さが付加されますから そのままの重さではありませんが  250gのものが 300gに増えたところで 何か変わりはあるでしょうか…。 テークアウェイでは移動のスピードもさほどではありませんし…。 そして 重要な打撃の部分では 基本 下り… 重さが下に使えるのですから 逆に楽だと思うんですがね。。。

もひとつ 不思議に思う部分なのですが。。。 重いヘッドは振りにくい と考えている人に限って 遠心力は打撃力の源 と考えているような気がします。 本来、先端部分の重さが増せば その遠心力は増えるから 好都合なはずなのですが。。。 軽くして 無理してそれを速く動かすのと 何が違うのか 意味がわかりません・・・。

そもそも ゴルフスイング以前に 質量というものを何だと考えているのか 聞いてみたいところです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

8月5日の練習 クロスカントリー走【衣浦東部消防局陸上部】

余談・おかげさまで20年経ちました【高校野球観戦日記】

スイング軌道の呪縛【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1291333

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss