ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

スイング軌道の呪縛

このエントリーをはてなブックマークに追加

重複する内容にはなりますが、 頭のトレーニングとして重要な部分です。

多くの人は スイングを治したり、 スライスを修正するのに スイング軌道を考えていますが それは ヘッドの道のり/軌跡を指すものではありません。

スイング軌道というのは『時期』を指します。

インサイド というのは 体が右を向いており 左右の体で 左サイドが低い時間です。 アウトサイドというのは 体が左を向いており 左右の体の 右サイドが低い時間です。

スイング用語でいう アウトサイドイン とは 単に振り遅れ、打ち損じに近い状態を指し それをインサイドに無理やり変えても 道のりだけが ボールの手前(自分側)から入ったに過ぎず ロフトが開き、フェースも必要以上に右を向きますから 別の問題にすり替わったに過ぎません。 正しいスイング、ゴルフクラブの機能を使ったショットでは アウトサイドイン というオプションは存在しないのです。

正しくは『インサイドイン』です。 しかし、 打つまではクラブが短くなるような小さな半径になり 打ち終わった後は遠心力等によってクラブが長くなるような 大きな半径に見えるので 第3者の目からは インサイドアウト に見える に 過ぎません。

直接、体の向きの変更によって スイングの軌跡が作られれば 左右の軌跡だけでなく ヘッドの入ってくる上下の軌跡も そのクラブの長さ、 そのクラブの長さが作る前傾姿勢によって ある程度 規則性を持つようになります。

しかし それを 体の向きとは関係なく 腕さばきによって 軌跡を造ろうとすると 先ほど述べた通り、左右の軌跡だけでなく ロフトやフェースの向き そして 入ってくる上下の角度にも規則性が 無くなってしまうので ショットの安定の基盤がなくなってしまいます。

詳細は割愛しますが、腕さばき、ローテーション、 手の返し の動きはほぼ例外なく前傾姿勢を無くし 体を起こしてしまうので アドレス時の前傾姿勢の重要性や スタンスの向きの重要性も低くなるので アドレス姿勢そのものもおざなりになって行きます。

よって 飛ばないことやスライス、ミスショットの根源 と考えられている 「アウトサイドイン」 は アウトサイドインになる根源 振り遅れになる根源を解決しない限り 単にヘッドの軌跡だけ追いかけても 何ら解決せず、より問題を複雑化、難易度を上げるだけで 百害あって一利もないのです。 実際に それをトライされている方は多いと思いますが、 ショットは フルショットだけでなく、アプローチや パッティングとも一貫しているものです。 ヘッドの通る軌跡だけを追いかけた人は スピードで解決できるフルショットはまだしも 必ず アプローチやパッティングで破綻します。 約束しましょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

バンカーショットにテクニックは要りません☺ クラブ次第です‼ 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

8月3日の練習 6000mPR+200m✕5本レぺ【衣浦東部消防局陸上部】

ドライバーショットとアプローチショット 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:302
  • 累計のページビュー:1292689

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss