ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

『ゴルフクラブフィッティング』✋ウッドとアイアン

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう アイアンにスチール・軽量スチールが定着して 10年は経つでしょうか。。。

45インチのドライバーと 38インチ(5番アイアン) この長さから計算すると 二つのシャフトの硬さの違いは 振動数で言うと 30cpmが最大 基礎になる硬さ帯にもよりますが 20cpm程度の違いが使いやすい長さ分の差 でしょう。

多くの市販のクラブのセッティングのデータを取ると 殆どケースが

ドライバーは そこそこ柔らかく フェアウェイウッドは ドライバーよりも硬め ユーティリティは そのウッドよりも更に硬め アイアンに至っては  ドライバーのシャフトの硬さを基準(R)とすると  XXとかXXXの硬さに値するものです。

それに応じて ほとんどのゴルファーは ボールの位置を ドライバー ➟ ウエッヂ に向けて 中に入れ(右に寄せ) 使っているように思えます。

データを探ってみると プロが飛距離が伸びた と言われていますが、 アマチュアの ドライバーの平均飛距離は20年前と 殆ど何も変わらず 逆に5番アイアンの距離は落ち フェアウェイウッドが使えない人が増えています。

過去にも得意! と言う人は多くは在りませんでしたが 最近になって バンカーショットやアプローチショットを 苦手とする人が顕著に増えているようです。

セッティングと言う意味で 大きなヘッドで長いドライバーのシャフトが一番柔らかく 小さなヘッド・軽いヘッドのアイアン・ウエッヂにかけて シャフトが硬くなれば  必然的に フェアウェイウッドが苦手になり アプローチ・バンカーが苦手になるのは当然でしょう。

言葉は悪いですが、ドライバーを煽り打ちしても 運動不足なおじさんゴルファーにとっては 大して距離も伸びませんし(変わらない) 体を壊す可能性は飛躍的に増えるうえ、 地面から打つウッドやアプローチを苦手とするデメリットが 多いのですから、そろそろ辞めても良い頃合いです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

7月26日の練習 600m✕3レぺ【衣浦東部消防局陸上部】

辻村貴浩 26日目 [お泊り]【ホシノドリームズプロジェクト】

重いヘッド/柔らかいシャフト お試しください【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:199
  • 累計のページビュー:1291127

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss