ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフスイングのルール

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフスイング には 技術論や練習によって習得するタイミング といったもの以前に 抗しがたい約束事があります。

代表的な例は 両手でクラブを持っている という事です。

MVI_0670Trim(2)_Moment

その左右の腕は概ね同じ長さで 両方の腕の長さがつりあっている時が 使うゴルフクラブの「オリジナル姿勢」と言えます。

逆に 両方の腕の長さがつりあっていないと ボールに当たらないか ボールに当たっても 本来の当たりや距離にはなり難い  という当たり前の約束・ルール があります。

よく考えれば 当たり前すぎて 忘れてしまいがちですが、 少なくとも ここの部分は誰も逆らえません。

そして 一般的に 体の構造上、背骨を軸に体を回せば 右を向けば 体の重さの大部分は右足にかかり 左を向けば 体の重さの大部分は左足にかかります。

そして この体の回し方だけが唯一 両腕の長さの均衡性を保ち易く、 同時に 体の構造上、故障を生みにくくします。

無理にそこで止めたり、 形を繕うことは避けるべきですが、 本来 ボールを打つ時期・タイミングは 概ね 体がボールと正対した、 ボールに対し正面を向いた(アドレスに近い姿勢)であり、 それによって 両腕の長さはアドレスの状態に近く そのクラブの本来のロフト角度や方向性が保てる というのが 単純なクラブと体の関係です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【GANBAX・BS】 B.B School「バスケ塾」八戸学院光星校土曜クラス・開校につきまして【【GANBAX・BS】 B.B School ~1対1のスキルにこだわったバスケットボールの『塾』です!!】

ゴルフクラブ◇慣性モーメント 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブ◇重心位置ってなんですか?【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1292689

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss