ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

『真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す』パッティングの都市伝説から頭を切り替えましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す というのが正しいパッティングの典型のように 考えられています

putting

結果として ヘッドの動きは それに似ているものにはなるとは思いますが  賛成しません。

逆に 真っ直ぐ動かしているのだから真っ直ぐ行く という発想は捨ててしまった方が良いというか 真っ直ぐの意味を考え直した方が良いと思います。

それは何故か…というと ゴルフクラブの構造と弾道の関係を無視しているからです。

ゴルフクラブの構造は 握っている棒、シャフトやグリップに対し 平行でも、直角でもない微妙に中途な角度の ロフト角度、ライ角度という複合した角度の面が存在しています。

IMG_0665

パターヘッドが真っ直ぐさえ動けば ボールが真っ直ぐ行くか というほど単純ではなく 特に ショルダーストロークのように パターヘッドが円弧を描き、上下に高さを大きく変える ストロークの場合、ヘッドの上下の高さ変化を無視し 打ち手の目に見える真っ直ぐ動かすこと     イコール 真っ直ぐ転がる と信じている限り、余計 混迷を深める結果となります。

ショルダーストロークは 肩やグリップで作る5角形を固定し それを背中周り、首周りの筋肉で無理やり 振り子に振る振り方ですから、 スイングの軌道(上下の円弧)がそのままロフト変化に つながります。

ゴルフクラブは ロフトとライ の複合角度の打撃物なので 例えば 60度のライ角度クラブで、 リーディングエッジは目標方向に直角にセットしても 30度のロフト角度のクラブと55度のロフト角度のクラブでは フェース面の向きはかなり大きく異なります。

極端に言えば ロフト0度であれば目標を向いていても ロフトが90度になれば フェースは自分を向いているのです。

つまり ヘッドを左右に回転させず 緩めではあっても 上下に回転させる ということは 少々、度合いは緩くなっても左右に回転させているのと あまり違いは無いのです。

パターストロークで 重要ななのは 精密とは言わないまでも 打ちたい距離を繰り返し打てる ことだと思います。

そのためには ロフト角度 というのが大切で そのロフト角度には ヘッドの入射軌道も含まれます。 よって パターストロークで言う 真っ直ぐ動かす というのは  出来るだけ上下に円弧を描かず 直線的な軌道(入射)を造るという意味です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【GANBAX・BS】 B.B School「バスケ塾」行田校土曜クラス スクールレポート(6.24.2017)【【GANBAX・BS】 B.B School ~1対1のスキルにこだわったバスケットボールの『塾』です!!】

ゴルフクラブ✊パターのロフトの理由 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフ◆慣性モーメントの使い方 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1276987

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. 軽量スチール撲滅主義
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss