ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

『ゴルフクラブのフィッティング』①

このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社だけでなく 多くのフィッティングを見ていると 業界人というだけでなく、おじさんど真ん中の私としては ちょっと疑問に思うことがあります。

吾々 おじさんは練習も頻度良く出来ません。 体力もありませんし、運動神経にも自信がありません。

18ホールというのは 短くとも3時間位はかかります。 2日連続ゴルフというのもある訳です。

スポーツカーにも 最高速度 と 巡航速度 があります。 ショットするのも、スイングするのも、 ずっと 最高速度 で居続けることは出来ません。 最高速度は ある条件が整った時に一瞬だけ出る パワーであり、速度です。

フィッティング するのに 自分の最高速度を基準にすべきではありません。 巡航速度を基準にするべきです。

そして ゴルフにとっては飛距離は大きな魅力ですが、 同時に願った方向に行かせることも 飛ばさないこともゴルフです。 どれも等しく、それを全部一人でやらなければ ならないところがゴルフの面白さでもあります。

安定させるシンプルな方法は 小さく振る、速く振らない ことです。 大きく振って、速く振って  真っ直ぐ遠くに行かせるのは  気持ちは分かりますが望み過ぎです。

小さく振って、ゆっくり振って 飛ばせる という事を追い求める方がアマチュア向きです。 それをクラブに追い求める方が良いでしょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

『パッティングはオーバースピンをかけろ』は真っ赤な嘘【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

進化版L型ブリストルパター【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

軽いヘッド/硬いシャフトのゴールは『引っかけ』 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:264
  • 累計のページビュー:1261788

(07月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss