ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフクラブ◇スイング迷宮は硬いシャフトから始まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいクラブやシャフトをテスト、開発をする際 その新しいモノと… 弊社で言うと新しいというのは「より柔らかい」を指します 市販のクラブや従来のものとを打ち比べたりします。

柔らかいものを打ってから 硬いもの 硬いものを打ってから 柔らかいもの この順序によっても色々感じることは変わるのですが 何がどうであっても、その違いは強烈に感じます。

実感としては 硬いシャフトのものは グリップを押してくれないのでボールに届きません。 ゴルフクラブは本来 グリップが移動するから その分(もしくはそれ以下) ヘッドも移動する訳ですが、 実際にボールを打っていると本能的?、反射的に グリップを移動させることを忘れ ヘッドをボールに届かせようとしてしまいます。

グリップよりもヘッドをたくさん動かすのには 必ず グリップの移動を止めなくてはなりません。 本当の移動の源であるはずの「グリップの移動」を 止めるのですから 余計にヘッドを動かさなくてはいけません。

ここが スイングの(間違い・迷路の)始まり になるのでしょう。

Rシャフトとか Sシャフトとか X とか 言われているシャフトの硬さですが まあ その硬さ(フレックス)の違いは 隣同士(sシャフトとRシャフト)で 硬さの目安である振動数で言うと 10cpm程度です。

例えば 多くのアマチュアゴルファーは知らず知らずに 使っている あの「軽量スチール」シャフト装着の 5番アイアンで言うと 振動数は Rシャフトとは言っても 280cpmを上回ります。 多少 ヘッドスピードに自信のあるオジサンゴルファー にとっても、この硬さは 他のシャフトと比べる意味でのフレックスではなく 本人にとってのフレックスは XXX トリプルエックス まあ 弊社では 3重バツと読みますけどね に値します。

弊社のアイアンだと 平均的なもので 170cpmですから その差は100cpm 10フレックス分も離れている訳ですね。 ですので そこが10cpm硬くても、柔らかくても どの道「ものすご~~~~~~く硬い」に違いはありません。

そうですねぇ オジサンゴルファーがゴルフを始める としたのならば どこからが柔らかくて どこからが硬い という数値の目安は同じ5番アイアンでは 220cpm位じゃないですか ・・・・それでも十分硬いですけど

ですので 十分に柔らかいシャフトであれば 上手く当たる当たら無いは別にしても 初期の段階で ボールには「届く」訳です。

先ほどの 硬さ 5番アイアン振動数280cpm以上 でゴルフを始めたり、今は売っているものが これしかないからと これよりも柔らかいシャフトから 移行して来たりすれば 届かせる ことから ゴルフが始まってしまいます。

この 届かない・届く の差から派生して 届かない「十分に硬い」シャフトでゴルフを始め ゴルフを覚えた人は 当然 ゴルフクラブというのは グリップを支点にヘッドを動かすものと覚えます。 ものすごく勿体ないです。

ゴルフクラブの機能、ヘッドの形状の理由は その重さをシャフトを通して グリップに伝え グリップを動かすことで打ち手のヘルプをするのですから この時点で その反対の使い方をすれば ゴルフクラブの恩恵は当然受けられません。 恩恵を受けられなければ クラブを違うものにしても 何も差は感じない のでしょう。

テストの話に戻りますが、 柔らかいものを打ってから 硬いものに移ると その「何もしてくれない」を実感します。 結果は 当然→ボールに届かない になります。 これは 結構誰が打っても同じ結果です。 そして 硬いものを打ってから柔らかいものを打つと → 硬いシャフトを打てている状態から グリップが押されてしまうので、自分のイメージしている インパクトポイントがズレます。 結果、その後グリップの移動を止めて ヘッドが来るのを待たなくてはいけない という症状になったりするのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

eスポーツがニッチから主流に進化 2017年注目のスポーツビジネストレンドvol.3【スポーツマーケティングレポート】

実はこれがスイングの悩みの元凶?【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブ◆ウエッヂ バンス角度 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:347
  • 累計のページビュー:1257142

(06月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss