ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

実はこれがスイングの悩みの元凶?

このエントリーをはてなブックマークに追加

非常に素朴な疑問…なんだけれど、 多くのゴルファーはスイング・動作中 飛ばす・打つ『方向』を意識しているかな?

ゴルフクラブはウッドであってもアイアンであっても ロフト角度とライ角度の関係があり 平行とか、垂直というものが存在しない。

例え アイアンのリーディングエッジが飛ぶ方向に垂直 スクエアな状態にあっても ライ角度とロフト角度の複合によって フェースは飛ばしたい方向を向いていないし あまりに立体の複雑な要素が混合しており 意識してもあまり意味はないんだ。

意味わからない かも知れないけれど、 スイング、ショットにとっての打つ方向、飛ばす方向は 既に アドレスの向きで構築 されており 一旦 動作に入ったら ボールを打つ方向は意識しない。

逆に意識してはいけないんだ!

動作に入ってから 打つ方向を意識したら アドレスの向きの意味が無くなってしまう。

車の運転でカーブを曲がる時 必ず スリップアングルが存在する。 車や必ずタイヤの向いた方向よりも外め外めにずれながら スリップしながらカーブを曲がる。

その度合いや量は、 車の速度や路面状況、カーブの半径などによって異なる。 それを練習や体験によって覚えて行くもの。

練習や体験によって アドレスの向きに対し 一番確率よくその方向に飛ばす タイミングや方法論を掴んでいくのであって その都度その都度 打つ方向を意識するものではない。

それを意識した瞬間に 体がボールと正対して から ボールを打つことになり 結果として 外から振ることになる。

意味が分かるといいんだけどなぁ…



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
史上最低のスウィン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフクラブ◆ウエッヂ バンス角度 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブ アイアン◆ロフト角度 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブ◆飛ばしの秘密 前編 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:245
  • 累計のページビュー:1250671

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss