ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフクラブ アイアン◆ロフト角度

このエントリーをはてなブックマークに追加

とてもよくあるケースです。

最近は スイング破壊兵器の軽量スチール全盛 なので

多くの人が小振りな軟鉄鍛造のアイアンヘッドを使っています。

◯鹿のような振り回さない限り

多くの人は飛んでない…💦ですよね

そう言ったケース

軟鉄鍛造が故に、ロフトを立てて欲しい…というリクエスト

持ち込みのケースが多々あります。

まず ですね

クラブのスペックというのは

上がり易い(重心位置構成などで)クラブのロフトが立っていますし

上がりにくいクラブのロフトは寝ています。

また、軽量スチールを使う限り

重心距離の短い小振りなアイアンであれば

スペックの都合上 ロフトは寝気味 です。

軽量スチールシャフトは非常に壊れやすいので

ヘッド重量もキョウレツに軽く

ご存知の通り シャフトは単なる棒 です。

組み合わせる ドライバーやウッドとも

全く毛色の違うクラブですので相性も最悪…。

多くの人が まるで別なものを打つかのように

ボールの置き位置も全く異なっています。

ドライバーに対し強烈に中に置いてますよね…。

端から飛ばせるClubセッティングではありません。

その上で 自分のクラブのソールをご覧ください。

練習場やコースで ソールに傷やコスリ痕があります。

アイアンが飛ばない人の 典型的なソール跡は

フェースと反対側 俗に言うバンス側の傷が濃くなっています。

ロフトを寝かして、上向いて打っているという事です。

アイアンヘッドが軟鉄鍛造なので

技術上 ロフトは立てられます(変更できます)。

例えば 27度のロフトの5番アイアンを

25度に変更することも可能ですが、

2度立てるという事は 2度バンス角度を失う ということです。

ロフトを寝かして打っていることが原因の人にとって

バンス角度が2度減る ということは

よりロフトを寝かしやすくする ということなので

製品ロフトを2度立てても 飛距離は「全く」変わらないのです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフクラブ◆飛ばしの秘密 前編 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフ◆スライスの出るメカニズムを知りましょう 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフスイング⚾スイングプレーンとドローボール 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:247
  • 累計のページビュー:1276602

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. 軽量スチール撲滅主義
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss