ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフクラブの重心位置と運動のベクトル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフクラブには他の多くのスポーツ用品(道具)にはない 重心位置(重心のズレ)と言うのがあります。

他のスポーツ用品。。。 例えば野球のバットやテニスのラケットは 重心のズレと言うのがありません。 ゴルフクラブの場合、 重心のズレの少ないモノでも3センチ 多いものになると5センチちかくも 打点の部分は握っている棒よりずれています。

このずれが不要だと考えるゴルファーもいるようですが この「ズレ」は上手に使うと 打撃と言う動作を補助、促進する役割にもなります。

カタログなどでは 重心距離が長いモノの方が開きやすい 短いモノの方がヘッドが開きにくい とありますが 半分合っていて、半分間違っているとも言えます。

最終的には 適切なヘッドの重量とシャフトの柔らかさ があれば、遠心力の作用によって 重量は一直線に並ぶのですから そう言った「開閉」「回転」の効果と言うより 同じヘッドの重量であっても 長いモノの方が重く感じられることと 長いモノの方がシャフトの動きが大きく トゥダウンの量も増えるから、 結果、そのように言われるのだと思います。

その 重心のズレの効果を考えてみましょう。

)練習と言うか、ドリルで この姿勢を作ってみましょう。 右をむいたまま、骨盤を右に向けたまま 腕(肘)を伸ばし、グリップを下げます。 少々オーバーですがフェース面が地面を向くようにするのと 空を向くようにする 二通りを行ってみます。

地面を向いている場合、握っている棒よりも クラブヘッドの重さは左と言うか、進行方向側にあります。 空を向いている場合、握っている棒よりも クラブヘッドの重さは右、進行方向とは逆にあります。

さぁ それぞれ、左手~左腕にどんな重さが掛かりますか?

ゴルフのショットのドリルです。 これから ボールの方に、目標(飛球線)の方に 動きたい訳です。

そして ここからフォローまで体は シフト~ターンをしていくのですが それを阻害するのは いったい どちらの向きでしょう?

フェースを地面に向けたものでは 左手~左腕に下への重さが掛かります。 また、重量方向に懸かるクラブやヘッドの重さは 左手やグリップ部分を飛球線の方に押します? よね。 また、グリップ部分は自分の体の方に押されてくると思います。

スナップショット 3 (2013-11-13 6-42) フェースを空に向けたものは 左手には上に向かっての重さが掛かりますし グリップ部がボールの方に押され、体から離されてしまう と思いますが、如何ですか?

理想的(理論上)には インパクトまでは体は右向きです。 右向きの間は左半身の方が右半身よりも低くなっている訳で その時間は出来るだけ長い方が良いでしょう。

この段階で左サイドに上がる重さがかかり クラブが体から離れると 遠心力が増します。 外へとはらもうとする力 所定の場所にあるボール(通過地点)

外にはらむ力と反対の動作を行わないと 所定の通過点であるボールを打つことが出来なくなります。

左サイドが上がる というコトは イコール 左を向く 事になります。

このドリル、アプローチは 必ず役立ちますので 是非^^



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

クラブから始まるゴルフスイング創り 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブ◆飛ばしの秘密 前編 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

急募!!【求人情報】<短期アルバイト/ゴルフ観戦のお客様の案内・誘導>千葉県野田市にて行われる男子プロゴルフトーナメント【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:245
  • 累計のページビュー:1250671

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss