ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

重たいヘッドのパターとウエッヂを使わないアプローチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

L型ブリストルパターのヘッド重量は 470g 市販の平均的なパターのヘッド重量は 300g強  

シャフトの硬さも大きく違うので より一層なのですが、 この重さの違いは転がりだけでなく 距離にも大きく差が出ます。

パターが飛ぶ。。。訳ではないですが 重さのあるものの方が 推進力が強く 目や傾斜に負けにくい、 そして 同じ距離を打つのに 小さなストローク、ゆっくりしたストロークで 打つことが可能になります。

双方を打ち比べると… 特に 生きた芝の上に打ち比べると分かりますが 市販のパターは兎も角飛ばない。転がらない。 がゆえに 弾いてボールを打たなければならなくなります。 「その」距離を打たなければならない という優先事項 であるのに、弾く という方法は 推進力を回転力により変換してしまい その回転力はブレーキに成りかねません。 そして 弾く というパッティングストロークは 打ちだす方向が二の次になりやすく その問題も生まれてきます。

慣れ はさておいて 小さな、速くないストロークの方が ミスも生まれにくく 打ちたい方向に打ち易く 同じ距離を打ち続け易い と思います。

それに似たような状態がアプローチにもあります。 こちらはヘッドの重量だけの話ではありませんが、 使える状態、打てる環境であるのなら その距離をよりロフトの立ったアイアンで アプローチをした方が より距離感は掴みやすく ミスも軽減されます。

例えば 30~40ヤードのアプローチを サンドウエッヂでするとなれば スピードは兎も角 ショットのスケールは かなりフルスケールのショットに近い大きさに なると思います。

ところが これを7番アイアンで行うとなると パッティングの延長線上程度の大きさの スイングになると思うのです。

これはひとえに 打つ距離と打つ道のりの差と 高さという打撃の破壊力をかなり食ってしまう 要素が入ってくるからです。

7番アイアンは ほとんど ゴロ ですから 40ヤードの距離に対し 多少多くの道のりを ボールは飛んでいきますが その距離をサンドウエッヂで打った場合 道のりは 倍近くになり 高さという破壊力を食ってしまう要素が入るので 7番での打撃に比べるとかなりの破壊力が必要です。

そして パッティングと同じように 大きくない 速くないスイングで その距離を打てる方が 大きい 速いスイングで打つよりも より正確性というか、ミスが起こり難い上に ミスが起こった場合でも 7番でのミスの方が圧倒的に結果オーライに なりやすいと思います。

その距離のサンドウエッヂでのアプローチは 1/10の距離になる可能性も 倍の距離になってしまう可能性も秘めていますし その手のミスは頻繁に起こると思います。 7番では 半分の距離になることも少ないでしょうし 倍の距離になることは殆ど起こりません。

このアプローチに ヘッドの重量の違いまで入ってくると 重いヘッドの7番で転がすのと 軽いヘッドのサンドウエッヂで上げるのとでは 必要な破壊力、打ち手が作らなければならない破壊力の差は かなりのものになると思います。

重いヘッドの方がヘッドの姿勢維持能力が強く ダフリなどの負荷の増えるミスにも当然強いでしょう。 斜めに傾いているとは言え 概ね平面上をヘッドが動かせるのと 円を描き、より立体的に動かさなければならないのとでは ミスの頻度も大きく異なると思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフクラブ🔴知ってて損をしないマメ知識 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

スポンサー契約の効果測定 2017年注目のスポーツビジネストレンドvol.2【スポーツマーケティングレポート】

シャフトの使い方【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1282259

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. キャディでの体験記
  7. トーナメントを見て
  8. 軽量スチール撲滅主義
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss