ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフスイング◇故障しにくいスイング創り

このエントリーをはてなブックマークに追加

おじさんゴルファーにとって ゴルフが原因で腰痛になるのは出来るだけ避けたいものです。

知っての通り、胴体を支える背骨には体を捩じる関節は 存在しないわけですから それを無理やりひねるのは故障の元になります。 自分でコブラツイストをかけているようなものです。

ゴルフスイングの場合 当然、運動の速度もありますし その手のスイングは決まって 長い棒の先にあるヘッドの重さをつかって 遠心力を作ることが飛ばしのチカラと信じていますので 余計負担は大きい訳です。

また、反動をつけるスイングというのは 動いているものや箇所と止まるものや箇所が 必ず存在するので そこにより歪みが生まれやすくなります。

体をちゃんと回す 回転させる(向きを変える)というのは 股関節から上の胴体を まるごと 一つのユニット として 足腰などの大きな筋肉で動かすのですが 人間の感覚というか、感触として 胴体そのものというのはつかみ取りにくいような気がします。

そこで意識したいのが 進行方向の上腕なのですが、 上腕だけを動かしたのでは より胴体は捻られます。 大事なポイントは  進行方向の上腕と進行方向のお尻 が 同時に移動、動作をしていくということです。 おおざっぱではありますが 胴体を長方形の箱と考えると その四隅に当たるのが 上腕とお尻 という具合です。

進行方向の上腕とお尻が同じように 同じタイミングに同じ方向(平行)に移動すれば 上半身を一つのユニットとして使えるようになります。

体の構造上、胴体をひねるというのは 胴体に対し横に回転というのは不可能ですから 立体的に体が捻られてしまい しっかりと体を支える足 軸足というのが出来にくくなります。

上腕とお尻…胴体が一つのユニットとして動ければ シンプルにそれを支える足 というのも付いてくる訳で 回転を遂行することが同時に体重移動⒲も遂行することに なって行くわけです。

また 胴体をひねって 体を捩じってしまうと どこかのポイントで どこかの箇所が止まる という「反動」で動作をすることになってしまい 反動というのは 自分自身が運動の方向や速度を 管理できない、無造作はものになってしまいますから フルスケールのショットとアプローチショットなど 動作の速度や大きさなどが異なるものが 一つの共通する動作としてくくれなくなってしまいます。

胴体を一つのユニットとして動かすことが出来れば その運動を自分の意志によって 速度や方向を管理しやすくなり フルショットからアプローチまで一貫して 一つの共通する動きにしていけるようになります。

取りあえず シャドースイングからでもいいですから 進行方向の上腕とお尻を同じように動かす というのをトライしてみて下さい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【イベント情報】4/11(火)アスリートの競技生活とその後に続くキャリア ~私たちが引退して感じた事~【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ゴルフスイング◇日本人選手の一番の苦手 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

【求人情報】<営業および管理業務担当社員募集>『日本のスポーツをコミュニティの切り口から支える!』企業【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:245
  • 累計のページビュー:1250671

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss