ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフスイング◇日本人選手の一番の苦手

このエントリーをはてなブックマークに追加

この5年位の選手はわからないけれど 大きくは変わってないと思います。

スイングを見る限り おそらく違いはないでしょう…。

飛距離…においては 確かに体格の違いや 過去のスポーツ経験などから 差があるのは確かですが、ゴルフはそれだけではないので どうにでもなる筈なのです.

日本人選手が欧米の試合に出て 一番苦しむのは『アプローチ』です。

芝質の違いもあります。 日本に比べ 欧米のフェアウェイやラフなどは ずっとずっと深く カットが長めです。 何種類もの複合の芝を使うところも多くはないので 『ボールが沈みがち』です。 1センチとは言えませんが、数ミリは日本の試合より 沈んだようなライ、状況が多くなります。 特にヨーロッパに行くとそれが顕著になります。 芝付きの良いところが フェアウェイが日本のラフのようですし 芝付きの悪いところは 公園の芝程度の生え具合、 そのくせ グリーンは地が堅い(日本と反対) ものすごく整備された日本のコース育ちの選手には かなり手ごわいところになるでしょう。

飛距離との絡みのありますが、 欧米の選手並みに飛ばそうとするので より「煽り打ち」の動きが染み込まれます。

沈んだボールを煽り打ちでアプローチすると プロですから どミスにはならないですが 自分の思った通りの距離感が出ません。

芝を噛んだ状態になるのでスピンが入らず 飛んでしまったり、 毎度毎度ダフリ気味になるので飛ばなかったり プロであれば ベタピンになるような距離の花道からの アプローチからでも 楽なパットの距離になりません。 日本では ゴルフクラブの流れもあり 軽いウエッヂヘッド、少ないバンス角度 小さなバンス幅を多用してきたのが、 欧米では ウエッヂは重め、バンス角度も多め 大きなバンス幅と今までの反対のモノが主流です。 そこでクラブに対する迷いも生まれます。 色々試すけれど、煽り打ちのアプローチには どれも相性が悪いですから、行ったり来たりを繰り返します。

そんなこんなのストレスが蓄積し 次第にゴルフが崩れていくのです。

ホントは その飛ばしとアプローチは密接な関係であるのに 別なものと判断し、ボールの位置をいじったり 毎度スイングに修正を入れてしまいます。 プロですから何とかしのいでいっても そんなゴルフで通用するのはいいところ2年が限界です。

自分の知っている限り 昨今の選手の中では「宮里藍選手」だけが そこを理解し、アプローチを重視したスイングを心がけ ツアーを戦っていたように思います。

欧米のグリーンは高速型が多いですから 転がすのも決してやさしくはありませんが 飛距離を重視した『煽り打ちのスイング』で プロとして戦うのには 生半可な練習量では通用しません. その練習量がどんどん体を蝕みます。  ☆オンプレーン型の煽り振りは前傾を深くとり   回転を縦型にしてしまうので 背筋や首への負担が   必ず多くかかります。

アプローチで こすり打ちの延長線上に 『抜き球』というのがあります。 ロフトを寝かして、緩い入射で入れて だるま落としのようにして、低く緩いボールで グリーンに止めるアプローチを指しますが、 プロであればさして難しい球質ではありません。 が これを多用するようになると 正直、その選手のスイング生命は終末期にかかっていると 行って差支えは無いと思います。

そして 体を痛め 欧米ツアーを断念する というパターンに陥るのです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【求人情報】<営業および管理業務担当社員募集>『日本のスポーツをコミュニティの切り口から支える!』企業【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

2016年アメリカのテレビ・インターネット・ラジオにおけるスポーツコンテンツ視聴動向【スポーツマーケティングレポート】

ゴルフクラブ選びはスイング選び です。【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:245
  • 累計のページビュー:1250671

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss