ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

スイングプレーン◆とても残念なお話し

このエントリーをはてなブックマークに追加

スイングを知らない というのは悲しい。

リンクテキスト

勿論 悩めるアマチュアはそれを知りたいと模索しているし、

努力もしているけれど

それを教える、それを仕事としている人が

あまりにスイングについて、

ゴルフクラブのメカニズムについて、

当たり前の物理現象について知らな過ぎて

今、世の中に流布しているスイング論は

まるで カルト宗教のようになっている。

その代表例が スイングプレーン論。

もう 悲しくなるくらい……ひどい。

スイングプレーンと言うのは

その軌道が問題なのではない。

スイングプレーンって言うのは『時期』の事を指すので

それを作り出すとか、なぞる類のものではない。

原則論として

体の向きを変えるから スイングは円弧 になる。

右を向くから インサイドに入って

正面を向くまでに インパクトに入るから 

インサイドから入って来て

基本、インサイドに入っていく。

スイングはクラブの構造を使って、

遠心力を直接、打撃力にする訳ではないけれど

基本 インサイドインの軌道は

インパクトまではクラブは短くなるように使われ

インパクト以降は遠心力によって

クラブが長く使われるようになるので

結果 インサイドアウトに『見える』だけ…。

それを体の回転の時期 と関係なく

腕を振って 軌道を作ってしまうと

体が正面を向いてから クラブを動かし始めれば

この時点で 既に インサイドは存在しない。

それを無理やり インサイドから入れているのは

今までのゴルフ用語では

「単にクラブを寝かしている」に過ぎないし

それによって 大幅にロフトは寝てしまい、

打つ方向の特定 も異様に難しくなる。

こんなのゴルフスイングじゃない。

ただ単に ゴルフクラブでボールを叩いているだけで

それはテニスラケットでも、野球のバットでも同じで

ゴルフクラブの機能や構造を無視して

ボールをぶっ叩いているに過ぎない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
史上最低のスウィン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフシャフト◆キックポイントのひみつ 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブ◇鉛(おもり)の張り方 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

L型ブリストルパター 体験記 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:451
  • 累計のページビュー:1256551

(06月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss