ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

L型ブリストルパター 体験記

このエントリーをはてなブックマークに追加

お世話になっております。

L型ブリストルパターのコースデビューしましたので 報告いたします。

店長さんの言われる通り、 とてもインチキな代物😃で 今まで数十本のパターを買い替えてきたのは いったいなんだったのか…と思います。

ブログに書かれていたことが気になったので ボールの転がりを集中して観察してみました。

今まで気にしてみたことが無かったのですが、 同伴プレイヤーが、某T社、某C社のパターを 使っていましたが、それに比べると少ないように見えます。 転がり、、、と言うよりも滑っているようにも見えます。

非常に特徴的なのが その某T、C社のパターを 使っている転がり、初動の転がりはとても速いですが、 途中から急に減速しており、 肝心なカップ近くに行くと曲がりが激しくなる感じ。

それに比べると、L型ブリストルパターは 初動の転がりは遅いですが、 その速さが殆ど変わらず カップ際の曲がりに大変強く 薄いライン取りになるようです。

明らかに球質が違います。

良く転がるので 下りは怖いのかな?と思いましたが それも全く杞憂に終わり、薄いライン取りをする 勇気を試される一日でした。

グリーン周りの多少のラフであれば問題なく使え アプローチにもとても便利です。

L型ブリストルパターを使うと 長い距離のパッティングでも小さなストロークで済み、 それに比べ、同伴プレイヤーはストロークがとても大きく、 10mを超すような距離になると いったいどこまで打つのか心配してしまうほどです。 仰る通り ストロークの小ささというのは安定感、 特に中長距離レンジでハッキリと差が出る気がします。

技術的には具体例を挙げられませんが、 距離感とはこういうものなのか   初めての感覚です。

こんなにもパターで変わってしまうとは。。。(_; 衝撃的な体験です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフスイング⚾スイングプレーンとドローボール 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ありがとうの反対って?【半人前バスケコーチの独り言】

3月30日の練習 600mインターバル10本【衣浦東部消防局陸上部】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:302
  • 累計のページビュー:1292689

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss