ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフスイング◇スイングプレーンとは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近 ある機会があって ゴルフレッスンを見学することがありました。

それは もう私の想像を絶する 語ることも出来ない おぞましい もので これで お金を頂いてレッスンするの? と 本気で思って ぐっと我慢し、無言の行をしていました。 世にも恐ろしい時間になりました…(_;

その ネタ になるのは スイングプレーン です。

言葉は悪いですが 一般的なスイング論は 悪夢じゃなかろうか と思うのが少なくありません。

スイングプレーン なんて言うのは 手段と言うよりも、一つの経過であって 勿論目的でもありません。

スイングプレーンが出来さえすれば  弾道が決まる訳でも 距離が延びる訳でもありません。

インパクトを意識するのは良くありませんが、 無機質なボールにとって 必要な打撃要素は 質量とインパクトの姿勢だけであって 軌道は ロフトの効果の一部にしか過ぎません。

ましてや 腕さばきで作るスイングプレーンは 運動神経や練習量の劣るアマチュアのとっては 二度と同じことの出来ない代物です。 そんなものを追いかけても 一生かかっても 体を痛めるだけで  何も答えが出ず 終わるのは間違いありません。

答えは言いましょう。

スイングプレーンは時期 によって決まるものであって 自分で何かする というものではありません。

スイングプレーンで言うところの インサイド というのは 体が右を向いている~正面 までの 時間を指すモノであって このように その時期を失い 自分の体が正面を向いて「から」 クラブを振ったのでは インサイド そのものが存在しないのです。 これは インサイドから振る真似ごと をしているに過ぎず ただ クラブを寝かしこんで ひねっているだけに過ぎません。

プロでやっている人はいるでしょう。 活躍している人もいるでしょう。 しかし、それはその振り方そのものではなく その振り方でも活躍できる努力や忍耐 精神力であったり、過剰なまでの自信であったり、 本人以外は誰も真似のできない部分によって の要素が殆どですし、 彼らほど練習も出来ず、運動性能の低い アマチュアのオジサンゴルファーには ほぼ全く参考になる要素がありません。

超絶技巧で誤魔化している打ち方です。

まあ 曲芸と言う意味では・・・・確かにプロです。

想像してみて下さい。 ここからボールを打つとなると グリップは殆ど移動せず ヘッドだけが動くことになり シャフトはグリップを支点とした 角角度運動をしなくてはならなくなります。 その動きをするなら ドライバーのロフトを 9度 10度 11度 と 一度刻みの商品の その1度の差が何かを生み出すと思いますか?

ここまで 体を開いて打つとして アドレス時の向き、セットアップに 意味が出ると思いますか? アドレスの向きなんて どうでも良くなりませんか?

ここまで左サイドを上げ、右サイドを下げて振る 姿勢で クラブのロフト通りに打てますか? アドレス姿勢が ゴルフクラブの基本ロフト です。 この煽り打ちを覚えて 地面が打つショットが上手くなると思いますか? 30年前にこのスイングしていたら  レッスンプロなら廃業ですよ…アマチュア以下です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
史上最低のスウィン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

3月24日の練習 600m×8本INT【衣浦東部消防局陸上部】

L型ブリストルパター 開発裏話③【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

【求人情報】<正社員/アスリートのマネージメント>株式会社ダブルカルチャーパートナーズ【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:158
  • 累計のページビュー:1248709

(05月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss