ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

L型ブリストルパター 開発裏話③

このエントリーをはてなブックマークに追加

L型ブリストルパター 開発裏話③

2017年03月21日

過去のL字パターで 個人的にともかく不満だったのが 『グースネック』なのです。

誤解して頂きたくないのは 『グースネック』が嫌いだとか、悪いとか言っているのではなく そのグースネックと L字の形が。。。フランジとの関係など パターの形状として どのように ヘッドを移動させるか迷わせる 組み合わせだからです。

パターでいう ソールの後方 の部分 後ろに張り出した部分を フランジ と言います。

イメージ的には このフランジは 重心を深くして パターをやさしくする ミスに寛容にする というのがありますが、 実質的にはその要素は「飾り」程度のもので 本当は その形状がアドレスしているときに どうパターヘッドを移動させることを示唆する  ところなのです。

ヒール~トゥ に対して 対称な形状なものは まっすぐ引かせることを示唆します。

しかし パターにとってまっすぐは 構えてみたときの 上からの真っすぐが重要ではなく 真横から見たときの ヘッドの水平移動なり ロフト変化の方が 距離感に対しては重要です。

個人の意見はそれぞれかもしれませんが パターだけでなく アプローチすることの 最優先科目は その距離を打つこと だと思います。

そのためには 優先科目を狂わせる まっすぐ引かせることを示唆するデザインは 腑に落ちないのです。

また パターのフランジ部分にラインをわざわざ引くのも 納得が出来ない部分でもあります。 パターをデザインするうえで かなりの作り手が 間違えてしまっている部分に感じますが そのラインとフランジの関係はとても大切です。

好き嫌いはともかく トゥ~ヒール方向に対して対称なものと 進行方向にまっすぐなラインはマッチしたものですが、 やや洋ナシ型の トゥ側の膨らんだタイプのものは インサイド寄りにテークバックを取らせやすい形状なので まっすぐ引かせることを示唆するラインとは 相性が悪くなります。 どちらにしていいか 迷う原因になるからです。

ここは デザインとしてもっと要素が絡む大切な部分です。

フランジの形状は フェース面のかぶりや開き など フェース面の向きや反りなどにも影響を与えます。 サンプル写真を見ても フランジの形状によって 喚起される  パターヘッドの移動方向に違いを感じられるでしょう。

そして 冒頭に書きましたが その グースネックのヘッドを移動させそうな形状と フランジの関係はとても大切な関係です。

グースが強いと ヘッドを開閉するイメージもついてきます。 同時に ヘッドそのものを外に上げやすいイメージもついてきます。 それを フランジ部分で上手に消してあげられるか そこらへんが 設計者の腕の見せ所でしょう。

グースがあって、フランジが対称で、ラインまであったら ある意味「イップス」製造機になってしまいます。

パターヘッドだけに限りませんが そのヘッドの 見てくれはある意味とても重要なんです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【求人情報】<正社員/アスリートのマネージメント>株式会社ダブルカルチャーパートナーズ【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

【GANBAX・BS】 B.B School「バスケ塾」 3/20~3/26のバスケットボール・スクール情報【【GANBAX・BS】 B.B School ~1対1のスキルにこだわったバスケットボールの『塾』です!!】

L型ブリストルパターをお使いなられる方へ 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:246
  • 累計のページビュー:1250427

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss