ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

L型ブリストルパター 開発裏話①

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう かなり前の話になりますが、 L型ブリストルパターを作ることになった経緯を お話しします。

ハミングバードの場合 重いヘッド 柔らかいシャフトを専門としていますから 御多分に漏れず パターにもその手のものを選択します。

当時、もうかれこれ 10年数年前でしょうか お付き合いのあったあるメーカーより 軟鉄の削り出しパターの在庫が大量に残ったことから パーツで販売しませんか と話がありました。

当時はまだ 今ほど ヘッド重量が重くなかったので 丁度よい重さ(410g)だったと記憶しています。 数年にわたり、そのパターを軸に販売しておりましたが それも残りわずかとなります。

現在 ゴルフ用品の多くは売り切り が基本です。 初版に作ったロットがさばけたら よほどでないと 再版することは多くありません。

今も昔も ですが、パーツも含め パターは平均34インチと短いにも関わらず 35.5インチのウエッヂと ヘッド重量はほとんど同じ重さです。(300g強) スピードで何とかできるアイアンはまだしも その素材の重さが転がりのカギ 推進力のカギになる パターとしてもあまりに軽すぎます。

アマチュアに限りませんが、 多くのパッティングストロークを見ていると 打つ距離 に対し ストローク(幅)が 余りに大き過ぎるように見えます。 たかだか 数m、ボールを転がすのに 異様に仰々しい テークバックを見ると 入らなそうですよね…。 その原因になっているのが パターヘッド重量 です。 市販の そのウエッヂと同じ重さのヘッド重量の パターでは そうしないと届かない のです。

それに意外に思うかもしれませんが、 パターヘッドが軽いと なぜか…本能的になんでしょうか アドレスからの動き出しにきっかけというか 始まり がしにくいものです。 パターヘッド重量はストロークのそのものの鍵にもなるのです。

トーナメント中継を見ていても パターヘッドが軽く、緊張した場面で ストロークを始めるのに逡巡とうか スタートに躊躇している選手を多く見かけます。 往年の名手 特にショットメーカーとして有名な人に それは多い気がします。 重いパターヘッドをストロークした後で 軽いパターヘッドを使ってみると ヘッドを動かす という意味ではありませんが、 ヘッドを引きにくくて仕方ありません。 無理に動かそうとすると どうしても ループな軌道になってしまいます。 あきらかに ヘッド重量が足りていない のです。

まあ そこでオリジナルのパターヘッドを作ろうと 幾つかのサンプルも見ながら デザインを始めますが、 それと同時に各パターヘッドの形状による 問題も浮き彫りになってきます。

まず マレット型ですが マレット型は重心が深いのが特徴です。 しかし その重心の深いのは利点でもあり 大きな欠点にも成り得るのです。 まず 一つ目の問題は 人間の思い込み的な部分と ヘッド重量がずれた位置にあるので テークバックで外に上がりやすくなってしまいます。 重さがあれば まあ 多少解消するのですが 市販のマレットは見た目と異なり ものすご~~~~~~~~~~~~~~く軽いので あれでは ループなストロークは解消しません。 それに 重心が深いことによって ヘッドが前に出やすく 本来 グリップが動くからヘッドが動く というのがパッティングも含め、ショットの基本ですが ヘッドを振り子で動かしやすい そういうストロークを身に着けやすい という 欠点も表裏一体で内包しています。    ➡ということでボツ

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

重いヘッド&柔らかいシャフトがゴルフスイングを造る 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

3月17日の練習 12000mペース走【衣浦東部消防局陸上部】

【イベント情報】3/17(金)元球団代表が行くアメリカスポーツ漫遊記~NBA、NHL観戦を通じて~【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:263
  • 累計のページビュー:1248971

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss