ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフ◇不遇なフェアウェイウッド時代

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、巷で主流になっているスイング論 では ティーアップして空中のボールを打つドライバーは兎も角 地面にあるボールを重心の深いフェアウェイウッドで打つのは かなり無理があるのでしょう。

派生して枝分かれしているスイング論はあれど 多くのものが ヘッドをより前に出す ヘッドがグリップを追い越す そんな理論ですね。

ゴルフクラブ・ヘッドの機能、重心の位置 (ヘッドの重量の中心点) ・・・この各機種による違いは    そのヘッドの特徴を表しています。 特徴を表してはいますが、錯覚して、誤解して、 認識していることが多いかと思いますが、 衝突・インパクト時のその重心位置の効果…よりも 遥かに その重心位置(重量配分)によって クラブがどのような姿勢で入ってきやすいか どんな姿勢になりやすいか ということの違いなのです。

重心位置が深いほどヘッドは前に出やすく、 ロフトが多くなりやすくなります。 ゆえに ロフトのきついクラブに限っては 重心位置が深いもののほうが易しいと言われれるのです。 同時に重心の深いものの方が 入射角度が緩くなりやすく 今流行りの 高打ちだし・ロースピンを生み出し易く 出来ています…あくまでも理論上ですが…。

その重心位置の機能と現代のスイング論を 兼ね合わせると フェアウェイウッドのような アイアンの8倍も10倍も深い位置に重心のあるヘッドでは ヘッドが前に出る機能/ヘッドを前に出すスイング によって 体重が右に残りやすく インパクト以前に体が上を向きやすく ヘッドが前に出やすい(相乗効果) によって トップやチョロが多発するクラブになってしまっています。

アイアンであれば ボールの位置を右において ごまかすことも可能ですが ドライバーに近いような長さのウッドでは そうも行きません。

重心が深く ヘッドが前に出やすい 故に ロフトが付きやすく 易しい というのが フェアウェイウッドだけでなく 重心が深いクラブヘッドの 大きな利点な筈なのですが、 現代のスイングと組み合わせると 地面から打つショットが届かなくなってしまう という これまた大きなデメリットも内包しているのです。

弊社はドライバーだけに限らず フェアェイウッドもアイアンも 重心が長く、重心が深いものを好んで作り、使います。 第一にはヘッドの重量効果が高くなることですが、もうひとつ ゴルフのショットでは 飛距離を損なわず 弾道の高さをしっかり取る というのが 一番大変なことで これをヘッドの性能に補うのがとても重要と考えている というのがあります。

フェアウェイウッドは 高齢になった時 とても重要なクラブです。 同じ距離が打てるアイアンに比べると 高さが取りやすく、キャリーボールを生み出し易い…。 パワーやスタミナなくなってきた時に 例えば 小雨振る 肌寒い 17番ホールで 150ヤードのキャリーボールの必要な池越えのショット これは やはりフェアウェイウッドの出番 です。

そのためには やはり  フェアウェイウッドの利点をしっかり使える  重心の深いヘッドをしっかり使える クラブ扱いを身に着けておく方が良いと思います。 .



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【求人情報】<営業部スタッフ募集!>株式会社アルビレックス新潟【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

【求人情報】トレーナー( アルバイト/正社員)募集!<J-Workout/脊髄損傷者専門トレーニングジム>【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ゴルフ◆ダフリ と トップ のメカニズム 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1300112

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss