ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフ◆ダフリ と トップ のメカニズム

このエントリーをはてなブックマークに追加

意味不明に感じるかも知れませんが、 少々噛み気味(厚めに当たる)になるものを除けば、 ゴルフショットの「ダフリ」というのは ボールにヘッドが届きすぎている と考えるのは大きな誤解です。

ドライバーショットで 10センチも手前を ダフってしまっているのは 実は ボールに届いていないのです。

ボールに届いていない という言葉は 単にヘッドとボールの上下関係 高さの違い を連想させますが、 「届く」という言葉はも勿論、立体です。 移動中の空母に着艦しようとしている艦載機は 左右ずれ 甲板に届かなければ着水してしまいます。

ヘッドがボールのその所定の高さに到達していても そのポイントが手前になってしまえば 当然、それも「届いていない」に該当します。

ヘッドの高さがボールに届いていないのではなく ヘッドのその横移動が足らずに、ボールに届いていないのです。

ゴルフクラブは本来 そのヘッドの形状などの作用によって グリップが動かされる という働きを持っています。 軽いヘッド、硬いシャフト、のクラブは その作用が少なく、グリップを進行方向に押す力が足りません。

ヘッド高さにも作用しますが インパクトは 所定のグリップ位置(上下前後左右) というのがある訳なのですが、 そこへ到達する補助をクラブがしないので ボールに届かなくなるわけです。

ですから 少々噛み気味に当たるのを除けば ダフリ というのは所定の左右位置にグリップが到達しておらず、届いていない結果であって 「届きすぎている」と間違った解析は 当然 間違った修正を生みます。 ヘッドを振るスイングにとって 届かない と考え ヘッドをもっと振ろうとすれば 体が上を向くか、クラブヘッドがあがり軌道に入りますから より一層「届かなく」なります。

それをさらに ボールを中に置いたり 体を早く回して結果ボールを中に置いたり という間違いで塗りつぶしていくことになるのです。

根本は ボールに届かせるには 空間ではありますが、グリップの位置が所定の ところに届いている必要があります。 それを補助する役割はクラブにはとても多く その補助能力が足らない というのは スイングを形成する上で ものすごく大きなデメリットです。

グリップが左に押されて 所定のヘッドの高さの時に、所定のグリップの左右位置 という機能がクラブに薄ければ それを人間の技術で補わなければならなくなります。

ボールを中に入れて打つ や 体を早めに開いて打つ となると 体の開いた分を勘案して ヘッドの姿勢を作らないと 思い通りの方向に行きません。

体が早めに開く といのはイコール 体が早めに上を向く ということですから 届いていない「ダフリ」はウサギと亀の追いかけっこで いつもいつもついて回ります。

リンクテキスト

これは トップのミスも全く同じで アマチュアの9割9分の「トップ」ショットは ヘッドの高さが ボールに届いていないのではなく インパクトの グリップの左右位置が右にずれていて ヘッドがあがり軌道で当たっているに過ぎません。 ボールは球体で、打撃面にはロフト角度が存在しますから 単にヘッドとボールの高さ関係が届いていないのなら 薄く当たっても 球体は角度のある所に逃げます。 左右位置が右、所定のところに届いていないから ヘッドがあがり軌道になり、オーバーに言えば フェース面の歯、角ではなく ソールで打とうとしている過程で当たったに過ぎません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ヘッドの重さはグリップに働く【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

低温になると顔を出すシャンク【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

3月4日の練習 400mINT10本【衣浦東部消防局陸上部】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:396
  • 累計のページビュー:1242526

(04月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss