ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ヘッドの重さはグリップに働く

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャンクの記事で書きましたが シャフトの主たる役割として ヘッドの姿勢やクラブの位置などに応じてではありますが ヘッドの重さでグリップを押す働き があります。

重さは重力方向、下に働くものです。 ヘッドの重さで、グリップを押す役割は 単純な上下関係で ヘッドの方がグリップよりも高い時 高い時にだけ働きます。 逆に ヘッドの方が低くなると グリップを留める機能に変わってしまいます。

ヘッドを振るスイングでは 早い段階でヘッドがグリップよりも下がります。 故に グリップは左にズレずに右に留まります。 例えば アドレス時に左足かかとにセットしたボールも 体を大きく開いて打つことによって そのボールの位置を中に、右に動かして打つのです。 まあ 他にも原因が混載しているのですが これが プッシュスライスになる「打ち方」なのです。

同時に言うと ヘッドを返す グリップをヘッドが追い越すスイングというのは 同時にグリップを留める、グリップを左に送らない 意図的にハンドファーストを造らないスイングです。 グリップの位置が体に対し、右に残さないと プッシュスライスになってしまう「打ち方」では よほど器用でない限り、体重は右に残ります。 そのスイングをしようとしているゴルファーは スライスを打たないことと体重を左に移すことは 相反する行為なので挑戦するべきではありません。

ヘッドが高い内に「インパクトに入らない」と 同じショットを繰り返したい という理想とは かなりかけ離れて、毎回複雑に調整しなければいけない モノになってしまいます。

グリップよりもヘッドの方が下がると 上下方向にグリップを引き上げようとします。 同時に左右方向でグリップの移動を留めますから 上下左右への絡み合った不可抗力が発生します。 どちらもボールとヘッドがコンタクトするのを 嫌がる不可抗力ですので、その量に応じて 上下左右、立体に調整をしなければなりません。

リンクテキスト

理解出来ないかもしれませんが、 ヘッドの方が高い内に「インパクトに入る」 ・・・・・インパクトする…とは語彙が違いますよ~ のと ヘッドの方が低くなってからインパクトに入るのでは ヘッドの通る道のりの長さが大きく異なります。 インパクトまでの時間、ダウンスイングの時間が長くなります。 スイングは時間に応じて、すべてのことが進みます。 時間がかかればかかるほど、道のりが長くなれば長くなるほど 体は左を向きます。 体が左を向くという事は同時に上を向くという事です。 クラブを下に振る ということは 同時にどの作られる不可抗力に対応するため 体が上を向きやすい(左を向きやすい)ので ヘッド・クラブを振るスイングには ボールに正対する、ボールを体の正面にもってくる 瞬間が生まれない…殆ど存在しないのです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

低温になると顔を出すシャンク【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

3月4日の練習 400mINT10本【衣浦東部消防局陸上部】

新刊今日発売!「すぐ使える体をつくる 筋肉スイッチトレーニング」【青山剛のKeep on Running!】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1255448

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss