ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

硬いシャフト・柔らかいシャフト

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのゴルファーにとって 『硬いシャフト~柔らかいシャフト』 その差はかなり狭いと思います。

(硬さの基準で振動数というのを引用します。  振動数とは 一分間に何回ストロークするか を計測。  数値のあとの cpm は cycle per minutes     サイクル パー ミニッツ です。  硬いものほど速く多く  柔らかいモノほど遅く少なく ストロークします。  ➟数値の大きいものほど硬く  ➟数値の小さいものほど柔らかい)

ドライバーで言うと 『ゼクシオ』クラスで  Rシャフト➟ 230cpm  SRで  ➟ 240  S    ➟ 250

『自称アスリート』のタイトリストクラスで  Rシャフト➟ 250cpm  S    ➟ 260 と言った感じです。

機種によっても、その機種の対象に成るユーザーによっても その基準値は結構ぶれているのですが 弊社の硬さ基準からすると どれも異様に硬い 十羽一絡げに 運動しない鉄棒 と言える代物です。

弊社基準ですと(硬さを番号分けしますが)  #8   ➟ 180cpm  #10  ➟ 160  #12  ➟ 140  #14  ➟ 120   弊社の #14という硬さに対しては ゼクシオクラスのRシャフトでも 約倍の振動数 あります。

倍…っていうのは体験しないと分からないと思いますが 多くのゴルファーは シャフトが柔らかいと その柔らかさの しなり と しなりもどり を使って ボールを弾いて打つ と思っていますが、 それは「明らかな」間違い です。

そう信じて使うと 柔らかいシャフトの良さ、 いえ シャフトの役割を何一つ味わえず 10回に一回は今までより飛ぶけど 平均するとどこに飛ぶかわからない 特にスライスは多発し、 前に飛ぶよりも上や右に飛ぶのが頻発する 短命なドライバーになります。

それは何故か? というと 多くのゴルファー…まあ全員でしょうね、 は シャフトの使い方を知りません。 シャフトの役割を知りません。 ゴルフ専門に数十年もやってきたゴルフライターさんですら シャフトは しならせて・しなり戻して 使うものと 信じてやまない程、無知です。

多くのゴルファーは 自分にとって 全く運動しない まったくしならない 硬さのシャフトしか 体験したことが ありません。

自称 ヘッドスピード42ms のゴルファーにとって 45インチ で 振動数240cpm のドライバー ゴルフクラブを『正しく』使えば 動かすこと、しならせることが出来ません。

 故にしならないものを しならせて使ってしまうのです。

それでは シャフトの役割は全く反対です。 意図的に グリップエンドを基準にヘッドを動かす グリップエンドを基準にヘッドを振る ということを信じ込むことになります。

そして それはゴルフクラブの使い方 ゴルフスイングの作り方を   始めの一歩 として   ものすごく大きく誤らせます。

ヘッドの形、形状には理由があります。 そして 本当の意味でのシャフトの役割は そのヘッドの形状、そしてそれの作り出す重さによって よりグリップを動かし 打つ人の動きを補助、ガイドする役割。 つまり シャフトは ヘッド➟グリップ の方向に 機能させるもの、グリップを動かす為のものです!

大袈裟に言えば ヘッドを止めて  それを基準にグリップを動かす ものなのです。

ゴルフクラブには 左右の方向や上下の方向を 司る『角度』というものが  番手ごと、機種ごとに存在し その角度はゴルフクラブの機能 の中で 最も重要なものと言えます。 シャフトをしならせて しなり戻して グリップを支点にヘッドを振りまわす振り方では その「しならせてしなり戻して…」という課題を クリアすると 次に角度の問題に直面します。 ボールの出る方向、ボールにかかる回転、 ボールの打ち出される方向 それらが ヘッド振るその振り方では毎回まちまちになり、 グリップを止めることの反動で それを行うので 確固たる修正方法が存在しないので その修正はゴルフを辞めるまで続けることになります。 タイミングが命…なんて  これ誰に習ったら解決出来るんですか? まあ 穿った見方をすると  狂ったような練習量の人が その地位を維持するために その誤った方法を普及させているのか とすら 思ってしまいます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第32回デンパーク駅伝大会 詳細【衣浦東部消防局陸上部】

試合に出る選手に望むこと【半人前バスケコーチの独り言】

シリーズ✋スライスの出るメカニズム 2【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:261
  • 累計のページビュー:1269511

(08月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss