ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフクラブ都市伝説 Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q:ドライバーの反発係数は飛びに影響するか A:影響はあるにはありますが、   まず 反発係数は 反発 が物理要素ではなく   実はその反対です。   インピーダンス理論 と言いますが   衝突する二つのものの ゴルフの場合、ボールとヘッド   振動数(歪みの率)が近ければ近いほど   力がボールの変形に逃げず    ボールの速度になりやすい性質です。   ですから 一般的に信じられている   ヘッドの反発、弾きとは少々異なります。      それともう一つですが   基本 250ヤード とすると   ルール上限の 0.83 と 0.86 では   ほんの数ヤード の誤差程度でしかありません。   反発係数によって 10ヤードもの差が   出たりすることはないんです。

  まあ あまり知られていませんが   ドライバー史上 一番反発係数が高いのは   パーシモンで その反発係数の数値は   ゆうに 0.90を超えたりするんです。   いったい このルールの意味はなんなんでしょうね…。

Q:ドライバーにフェースの金属素材➡チタン  だと飛ぶのか A:答えは半分正解、半分誤解。   一般的に認識されている   チタンの方が強く弾く(反発力がある)から飛ぶ   というのは大間違い。   基本 ボールと金属質には歪み率の差が200倍前後   あるので、それが少し前後しても   ボールの飛びに影響はありません。   チタンだと飛ぶ   というのはもう少し間接的で   ➡チタンだと大きくできる   ➡クラブを長くできる   ➡ロフトを立てられる    もしくはスピン抑制効果を強くできる   というものです。

  そして 軽量で強度を保てる金属素材のため   ヘッドの設計の自由度が高くできる点もあります。

Q:シャフト(クラブ)の長さは   飛びに直結するか? A:基本 長さと飛びは直結しません。   前述のとおり、クラブを長くすると   小さなロフトを使える可能性が増えます。   それが飛距離につながるのであって   ロフトやボールの上がる性能そのままで   クラブの長さを増やしたとしても   ボールの高さやスピンが増える率の方が高く、   飛距離が増える可能性は高くありません。      クラブを長くするということは   一般的に ヘッド重量を長くする分 軽くする   ということなので   長さが増える分、数値上 ヘッドスピードが上がっても   ボールを打撃する「破壊力」は同じです。   正直 長くなって扱い辛くなる分を差し引くと   長尺ドライバーにほとんどメリットはないと思います。    特に風のある日にはいいことはないでしょね。  

  まあ 飛ばすために長尺を   と考えるゴルファーの多くは   スピードが増して、遠心力が増えるから   と考える人が多いでしょうから   より一層効果は出にくいでしょうねー^^

Q:サンドウエッヂの溝はスピンを増やすのか A:答えはNOです。   ウエッヂに限らず、クラブの溝の役割は   スピンを増やすことではなく   スピンを減らさないため のものです。   インパクト時にフェースとボールとの間に   異物が入らないようにするのが目的で、   主に水に対して有効です。   車で言うところの   「ハイドロプレーン現象」を防ぐタイヤの溝と   ほぼ同じ役割です。

  うーん ルールでなぜそこまで細かくするのか   物理的にはよくわからないんですが…   利害関係の匂いがするのは勘ぐり過ぎでしょうかねぇ



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016年レビュー 世界のスポーツを振り返る:ラグビー【スポーツマーケティングレポート】

試合に出れない選手の親(保護者)へお願いしたいこと【半人前バスケコーチの独り言】

知立マラソン 詳細【衣浦東部消防局陸上部】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1236854

(03月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss