ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

シリーズ✊スライスの出るメカニズム 1

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのゴルファーが悩むスライス おそらくすべてのゴルファーが一度は苦しむスライス そのメカニズムは意外に理解されていない。

ショット全般・スイング全般に関わるとても大切なこと なので、少々長くなりますが シリーズで書きます。 おそらく 多くの人は始めはピンと来ないでしょう。 逆にピンと来る人にとっては必要のない話です。 とても、とても大切なことなので 出来れば 何度もお読みください。 勿論、質問・コメント・メール大歓迎です

まずは ゴルフ用語の共通用語を確認しておきたい と思う。

ゴルフのインパクト時の ヘッドの姿勢には 大きく分けて 4種類存在し

①シャット ロフトの閉じた(締まった)状態

②オープン ロフトの開いた(緩んだ)状態

まず この二つの状態には ライ角度等による影響は割愛して フェース面の左右方向には関係なく ロフト状態を作るもの である ということ。

そして これは 見ての通り  グリップ(グリップエンド)の位置が大きく作用するということ

③フェースが左を向いた状態

④フェースが右を向いた状態

後半のこの二つは ゴルフクラブヘッドの構造上、 左を向いた状態はロフトがやや立ち気味になり 右を向いた状態ではロフトは開き気味になる。

多くの人は ④がスライスを生む と思っているが 厳密にはそうではない・・・ というか  半分合っていて、半分間違っている。 フェースの向きはあくまでもボールの飛び出る方向を 司っているものです。

理屈っぽくなってしまうけれど ④がスライスを生む・・・となると その対処方法としては ③になる訳だけれど ③というのは 自分の立ち向きに対して 左に向かってボールを飛ばす ということで それでは アドレス時の向き というのが意味を消失してしまう。 それでは 大切なことをうしなってしまう…。

ロフト角度やライ角度の複合体としての フェースの向きは あくまでも ボールの出る方向を司るもので、 ボールの回転を作り出すそのものではない。

アマチュアが苦しむ スライスのメカニズムは  実は、フェースが右を向いているコトではなく  ①ロフト角度と、  ②ヘッドの通る軌道、  そして ロフトとライの複合体(立体)である  ③フェースの向き  との絡み合いによって生まれる のです。

これは スライス(こすり球)だけでなく 抜き球などもそうですが、 小手先で 右を向いた(アマチャアは開いたフェースと呼びますが) 状態を、左に向ければ、フェースを返せば 片付く という簡単なものではなく スイングの根幹にかかわる話なのです。

ちょっと難しいかも知れないけれど 分かるまで答えますので、 どんどん質問・コメント・メールなどお寄せ下さい。

そこで 一度 ロフトというもので 頭の中を再確認してみよう。

この手の話をする際、 ヘッド軌道(スイングプレーン)や 入射角度… ヘッドの移動するルートや軌跡になると 兎角 ヘッドの事が故に、ヘッドにばかり意識が行ってしまい 結局 その軌道や軌跡、ルートなどのヘッドの移動を 手先、手の返しなどで作ってしまうことが そもそものスイング迷路の始まりです。

何度も何度も書きますが、 左右であっても、上下であっても そのヘッドの通る軌道・軌跡・移動の源は 『前傾姿勢+胴体(骨盤)の回転』で 肩甲骨などを含めた肩から先は それを割り増ししているに過ぎず 本体価格ではない という認は絶対に必要です。 それが認識できない限り、 スイングの理屈やクラブのメカニズムなどは 全くの無意味で、練習量や運動神経による 根性論・気合い論でゴルフを解決するしかありません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
史上最低のスウィン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フェアウェイウッドが苦手? 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

第15回 知立マラソン大会 速報【衣浦東部消防局陸上部】

スライスやこすり球が出てきたら… 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:263
  • 累計のページビュー:1248971

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss