ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

スライスやこすり球が出てきたら…

このエントリーをはてなブックマークに追加

練習であっても、コースであっても スイングの種類、クラブの扱い方の種類は 色々あっても 大方の場合 テークアウェイの右向きの量を確保すれば 改善されることが多いですね。

テークアウェイの右向きの量は 胸とか、肩とかのラインではなく ベルトや骨盤のライン この角度から見た時 左のポケットまで しっかり見せられるようにすると かなり改善すると思います。  ↑この写真は全然右向きが足らないですね

リンクテキスト

★★★昨日も書きましたが、 ゴルフのクラブは グリップを動かしてしか 移動しません。 ヘッドは勝手に動いたりしません。

 →それはテークアウェイも同じです。

クラブの使い方をそこで点検してみましょう。

例えば シャフトが 紐 ひも だったら どうでしょうか?

グリップの移動以上に ヘッドは動くでしょうか?

ありえないですよね。

ヘッドの重量分も含め グリップの移動した量 以下 しか ヘッドは移動しませんから おそらく 多くの人が想定している ヘッドの弧 よりも ずっとずっと 内側を直線的に ボールから離れる方向に動くでしょう?!

では シャフト として考えると シャフトは ヘッドをグリップよりたくさん動かす そう言った役割を持っているでしょうか?

答えは NO です。

ひも に比べれば よりリニアに グリップの動きに対して、ヘッドは動くでしょうが ヘッドの方が沢山動かすような機能は 一切持っていません。

多くの人が妄信している シャフトがヘッドを動かす は 単に打ち手がグリップの移動を止めた反動を 使っているに過ぎず、それは打ち手の小細工であり シャフトの役割と勘違いしてはイケマセン。

そして 体を、骨盤を、胴体を右に向ける ということは グリップは 円弧を描くことよりも イン側~ボールから離れる方向(アドレス時の背後方向)

に動きます。 よって ヘッドも円弧…円を描くことよりも より直線的な感覚で グリップとともにインに動くのです。

体も右向き、グリップも、クラブもイン側に入り込む これを多く作れれば スライスやコスリ球の可能性はだいぶ軽減出来ます。

インサイドからクラブを入れることが出来れば ロフトの開き という意味でなく ロフトは閉じた状態で ボールに対し 開いたフェースの向きでも スライスにはならないのです。

体の向きで出来るだけたくさん右を向く 体の向きで グリップをボールから遠い方向に動かす グリップの移動に対し、出来るだけヘッドを多く動かさない ヘッドで円弧を描くイメージを消す

そこら辺を気にしてやってみて下さい



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
史上最低のスウィン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

進化版L型ブリストルパター 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

流した汗と涙の量が感動の大きさの違い【Armar know Jack Bigwild】

【求人情報】スポーツ業界に最新のテクノロジーで革新を!<株式会社大学スポーツチャンネルが正・契約社員を募集しています!>【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1269511

(08月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss