ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ハミングバードと『柔らかいシャフト』

このエントリーをはてなブックマークに追加

20数年前の話になりますね その頃は ゴルフクラブで言うと キャロウェイのビックバーサやセイコーのSヤード なんて お化け商品の有った時代です。

ハミングバードはオーダーメイド、カスタムメイドの ゴルフクラブのお店ですが、 開店当初はオーダーメイドのお店のお約束 グリップ交換が主たる仕事で、 ゴルフ場やゴルフ練習場を回って グリップ交換のクラブを集めては  グリップを入れていました。

時間とともに リシャフト… シャフト交換 の仕事も入ってくるようになるわけですが、 そこで 始めに大きな疑問を抱くようになります。

その当時のハミングバード基準では

👹 硬いシャフトは 45インチで振動数 250cpm以上  ちなみに今の基準だと 硬いシャフトはドライバーでは190cpm位でしょうか 位だったと思います。

リシャフトをお願いされて →交換する。 練習場にも頻繁に顔を出していましたから、 調子を伺うと 「いいねー よくなったよー。」と ま お世辞交じりでも言ってくれる。 しかし、その手のリシャフトをしたお客様の多くは 数か月、半年もしないうちに 新しいクラブに替わっている…。

なんか それが腑に落ちない のです。

壊れてもいない ドライバーのシャフトを 数万円かけて 選び、装着しなおしたもの その寿命がほんの数か月。。。。

これはいったいどんな意味があるんだろうか…。

そのリシャフトした シャフトの特性 と 次のクラブや、次のシャフト機種 への つながりや発展がまるで見えてきません。

なんとなく、なんとなく ですが 着せ替え人形のように 単にファッション的な感覚で シャフトを入れ変えたり、クラブを買い替えたり しているような気がしました。

そんな時、あるシャフトに出会いました。

そのシャフト その機種は シャフトの振動数を 硬さ毎にかなりきっちり分けていて 5cpm毎に11種類もの硬さ、フレックスが用意されていました。

今でこそ シャフトの目の見える部分に 硬さ表示がされていますが、(2005年位からだと思います) 当時はシャフトの見える部分には 硬さ表示はなく、硬さはグリップの中の隠れた部分に あったのです。

そこで その11種類の硬さを 全く同じヘッド(重量も含め)、全く同じ長さ 同じグリップで仕上げ、2か月位に渡り 延べで100人近い人に打って貰ったのです。

 45インチ 200gの11度のロフトのヘッド      スイングウエイトは D-3位だったと思います。

練習場での大々的な試打会もしました。

若い人もいれば、年配の方もいます。 シングルハンディ、ゴルフ歴30年を超える人や 始めたばかりの人もいました。 同時にヘッドスピードも計測していましたので、 ヘッドスピードは50を超える人から 30台の人まで 色々いらっしゃいました。 平均的には 40前後という所でしょうか…。

✊驚くことに そのテストをして頂いたお客様の 9割に近い方が その11種類の中で 一番柔らかいものが 一番打ち易く、距離も出る という結果が出たのです。  特に距離においては ダントツと言えるかも知れません。

一番硬いもので   振動数275cpm 一番柔らかいもので 振動数230cpm

特に 255cpmを超える硬さのモノは 誰一人として これはいい! これなら買う! とは言いませんでした。

そして 同時に、 その目隠しの硬さ を どんな順番か、どれが硬く感じ、どれが柔らかく感じたか ほぼ全員のテスターに評価してもらった結果、 なんと 実際の硬さを全く逆な、反対の 硬いものほど柔らかく感じ、柔らかいものほど硬く感じた という評価が半数を超えたのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本サッカー界の安易な欧州”猿真似”文化に思うこと【でぷスポ13号館】

ゴルフ◇トップのミスは歯ではなく、ソールで打つことです 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブ◇シャフトの歴史とスイングの変遷 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:315
  • 累計のページビュー:1300867

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss