ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフ◇トップのミスは歯ではなく、ソールで打つことです

このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から  ✋「ボールは自分で上げるな!」  ✋「クラブ(ロフト)に任せろ!」 と聞きますが、 多くのゴルファー、プロでもそうですが、 無意識なのだとは思いますが、 自分でボールを上げようとしています。

これはどういうことか というと もしもアイアンのロフトが絶壁 0度 後々の説明のために付け加えると このクラブのバンス角度 0度 フェースとソールが直角 フェースがシャフトと平行 の実験的なクラブがあったとします。

ロフト0度のクラブで ヘッドが ちゃんと体の回転で上から入ってきた時 そのヘッドの入ってきた角度分だけ、ロフトはマイナス に なります。 実際のクラブでは  その製品のロフト角度に入射角度がマイナスされるのが 平らな地面とインパクト時のロフト の関係です。

ゴルフ用語では これを「ハンドファースト」と呼んでいますが 小手先にて グリップが左にズレたのでは無く 体が回ったこと、向きを変えていく過程で アドレス時に比べ、体が左にズレた結果 によるものです。

ここで ❓ と思う人がいると思うのですが、 手を返す ヘッドを返す スイングをしようとする限り ヘッドがグリップを追い越す もしくは 同列になっているところがインパクトで 形としての ハンドファーストは永久に訪れないことに なります。

このインパクトを造ろうとする過程 前段階で、ヘッドとグリップは ヘッドの方をたくさん動かすことになりますから インパクト以前の段階で ロフトは入射角度分以上に増えますし、 入射角度そのものも ちゃんと体で動かしてくるのに比べると 緩いものになります。

まあ メカニカルにはイメージし難いかと思いますが、 要するに まるでダメだ! ということです。

手さばきでヘッドを振って 大きなロフトを造り、緩い入射角度にして 上を向いて 上に振りぬく・・・ それでは飛ばないから フェースを左に向ける…

失敗の可能性、ミスの可能性を飛躍的に増やし その上 複雑で無意味な「テクニック」です。 これを スイングの技術と呼ぶのならば そんな技術は要らないと思います。

先の ロフト0度 バンス角度0度 フェース面とソール面 直角のヘッド のイメージで 少なくとも トップを半減、消失させる方法は 上がり軌道になった時にも 視覚的ヘッドがスクープソールになっていることです。 上がり軌道になっている時に バンス角度が付いているのがトップの原因です。

分かりにくいからもしれませんが ゴルフクラブを 体の回転でグリップを動かし その分、ヘッドも動く。

体の回転でグリップが移動する

移動して行く進行方向の左サイドが低いうちにインパクトに入る。

これが守られれば ヘッドの移動してくる 入ってくる(入射角度)分、ロフトは立ち そして同等にソールはスクープ(視覚的)になります。

例えば バンス角度5度のクラブを 入射角度5度で入れて来れば、視覚上インパクトの時のバンスは 地面と平行になっているという事です。 バンス角度0度のモノを入射角度5度で入れて来れば 地面との関係はスクープ5度になっているのです。 番外論ですが、その入射角度が自分のアイアンや ウエッヂのバンス角度選定の条件…が本当の話なんです。 今風なウエッヂ、今風なバンスの無いウエッヂは バンスをちゃんと使えず 寝かして入れてくることの証です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフクラブ◇シャフトの歴史とスイングの変遷 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

【求人情報】<正社員募集>プロスポーツリーグ【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

右股関節の故障から約100日経過【衣浦東部消防局陸上部】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:212
  • 累計のページビュー:1249182

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss