ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフスイングを壊しているのは「その思い込み」です

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて 質問です。 もしも この二つのスイングが 同じヘッドスピード という限定であれば どちらが 高い球になる? と思いますか?

このトップオブスイングの位置で クラブの姿勢は 90度 異なります。 褒められた方法ではありませんが、  30年前であれば、最近のスイングは 抜いた球やロブショットを打つ方法です。

自分で実験してみると分かり易いとは思いますが、 市販のかる~~~ヘッドの、硬いシャフトのモノであっても 左の写真のように クラブを寝かせれば この時点で 左のグリップには上方向に重さが掛かります。 そして 同時に右サイド、右側の体には下方向に重さがかかります。

トップの位置…以降というのは 多くの人が 高くなったグリップを下げたい という場所ですし、 誰もが ダウンスイングで右サイドを下げたい とは思っていないはず です。

ところが クラブをこうやってテークアウェイしてしまうと その したいことが出来ない、したくないことがさせられる に わざわざ 動かしてしまっているのです。

それは 気が狂ったような 体を壊すほどの練習をすれば そこからでも グリップを下げ、右サイドを下げずに ボールを打つことが出来る…かもですが、 なんで わざわざ・・・・。

決して 手首やコッキングでする訳ではありませんが、 本当は 基礎にあるディッシュアングルと前傾姿勢、体の回転に よるものですが、何のために準備としてのテークアウェイがあり 何のためにアドレスに比べ、グリップとヘッドの高さに関する 位置関係を逆転させ、アドレスの時は位置関係として上にある グリップの方を低くしたのでしょうか?

クラブが横に倒れず、フェースが上を向かず 厳密…にする必要はありませんが、 ヘッドの真下、した位置にグリップがあれば そのヘッドやクラブの重さが グリップを下方向に誘ってくれます。

ところが、クラブが寝ていて、フェースが上を向いていると そのクラブ、ヘッドの重さはグリップを下にではなく 上方向に押し上げるような重さが掛かります。

果たして クラブというものを機能させているのは どちらなんでしょう?

スイングプレーンなんてものにこだわりたくはありませんが、 そのヘッドの移動軌道に対し シャフトの立っている方は ヘッドの位置は高くなったとはいえ 打撃面はその軌道に対し 90度の横の関係です。 ところが シャフトを寝かしてしまっている方は その位置にネックと言うか、ソールが来てしまっていますから 何と言ったらいいんでしょう・・・ 0度のロフトのクラブを 90度開いたような状況です。

多くの人は より飛ばしたい と考えています。

ですよね?

しかし、クラブを寝かして、腕で上げてしまう人は トップの位置までに ロフトを90度開いてしまっているのです。

そりゃ インパクトまでに戻せばいいじゃん! って 言うかもしれませんが、 仮に元のロフトが0度としても ずっと0度のロフトをキープするのに比べると 圧倒的な確率で  0度よりも大きなロフトで当たる可能性が高くなります。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
史上最低のスウィン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第49回 新春矢作川マラソン大会 詳細【衣浦東部消防局陸上部】

オンプレーンスイングを追いかける限り答えはありません【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブとスイングの関係◇角度のはなし 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1255448

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss