ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

アマチュアゴルファーの最大の問題◇右向き不足~回転不足

このエントリーをはてなブックマークに追加

おそらく アマチュアにとって 最大のミスショットを予防する方法は… 逆に言えばミスショットの原因、誘発する要素は 『右向き不足』『回転不足』だと思います。

そして その右向き不足・回転不足は 私が見る限り かなり深刻です。 80~90度位右に向きに変えるのを理想とすると 10~30度足らないのではなく 殆ど 右を向いていない、回転していないに等しいほど ばかりが目につきます。

何度・・・と限定は出来ませんが、 右向き・回転をしっかり取ることで スイング自体の改善がなされず なにか根本的な問題を抱えていたとしても、 今のクラブの扱いやスイング・ショット通りであっても、 それを解決するだけで 随分とミスそのものの確率は減るでしょうし ミスが出たとしても、そのミスの幅というか 全く挽回できないようなひどいミスを軽減出来る

どういうことか というと ゴルフの回転をする基礎姿勢~ポスチャア(アドレス)には 『前傾姿勢』が存在します。

その前傾姿勢とは 自分の体・胴体に対し 正面・前に有る角度で 具体的には 骨盤と大腿骨 との角度差、 股関節の角度差をことを指します。

ゴルフのショットの場合 その前傾姿勢と体の回転が伴うので 右を向いている時には 左サイドの方が右サイドよりも低い トップの位置からボールを打っていく方向の方が 低くなっている というとても大切のポイントがあります。 ボールを打っていく、動作の進行していくサイドが低い これを別な言葉で 「上から打つ」 と言います。

また スイング用語での 「インサイドから」 と言う意味は 体がしっかり右を向いて 自分とボールとの相対関係の中で ボールから離れる~遠ざかる 領域に クラブが入ったり、そこから出たり することを指します。

しかし 体の右向きが足りなかったり(不十分) 殆ど右向きが取れていないと ボールを上から打つチャンスも端からありませんし、 スイングに「インサイド」と言う領域が存在しないので ヘッドの重さを利用したり クラブの機能を利用したりするチャンスが生まれません。

自分のスイングで 右向きが十分できているかどうか 体がちゃんと回っているかどうか を見極めるのは この角度から動画を取って 確認すれば 一目瞭然です。 自分で確認できます。

まずは アドレス時に おおよそで良いですが 背骨のあるであろう位置に ペンで線を引いたり、テープやシール(画面上の黄色い線)を 張ってみて下さい。

そして 同じ画面の中で 動画を進行させて、トップの位置で止めてみて下さい。

体が回っていれば この線(画面上の黄色い線)を中心に 線の右側に右半身、線の左側に左半身が来るはずです。 なにせ これは背骨 の有った場所に引いた線なのですから。 体が右向きになるのとはそういう事です。

しかし ・・・ この黄色い線を軸に 右に右半身、左に左半身が来ている人は かなり少ない・・・ほとんどいないのではないでしょうか。 おそらく アドレス時に引いた この背骨のあった場所の線 黄色い線の上に右半身が来て 背骨がボールの方に倒れ、左半身は体の幅分 ボールの方に近づいている筈です。

体を回したのでなく ボールの方に屈曲したに過ぎないのです。

この原因になっているのは 体を回す というのを 肩~肩甲骨を動かすこと 左肩を入れること を理解し、実行しているからで それは腕だけ、体ではなく 腕だけ右に送っている という認識がないから なのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
史上最低のスウィン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

現役Jリーガー・欧州組も参加! テストマッチ兼選考会【世界プロサッカー挑戦プロジェクト(WPSCプロジェクト)】

急速に拡大する欧州ラグビーのスポンサーシップ【スポーツマーケティングレポート】

第42回東浦マラソン 詳細【衣浦東部消防局陸上部】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:396
  • 累計のページビュー:1242526

(04月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss