ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

パッティングはオーバースピンをかけるなんて真っ赤な嘘

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく『パッティングはオーバースピンをかけろ』 なんて言いますが、それは嘘っぱちです。

確かに 球体であるボールが転がれば 車のタイヤが転がるように順回転で転がります。 放っておいてもオーバースピンはかかります。

しかし パッティングの重要なポイントは オーバースピンなどのスピンをかけることではなく 『管理しやすい距離感を構築し 打ちたい距離をちゃんと打つこと』です

良い転がりを打つという事は 同じ距離を打つのに たくさん回転させることではなく 逆に 少ない回転でその距離を届かせること です。

転がり というのは基本抵抗によって生まれます。 たくさん回転するという事は そのまま 抵抗を増やすことになる 訳です。

パッティングにとっては 管理しやすい距離感 …いつも同じ距離を打てる感じ 感覚として掴みやすい距離感 ということになれば ◎小さなストローク ◎遅いストローク の方が ✖大きなストローク ✖速いストローク よりも はるかに管理しやすくなるはずです。

今、目にするパッティングの多くは 振り子を使って 上に弾く打撃方法です。 これでは ボールは無駄に飛ばない方法で 距離の管理もしにくくなります。 まあ 軽いヘッドのパターを使ってる結末ではありますが…。

コースで、グリーン上では ボールは自分の自重分 芝に沈んでいます。 故に まず 始めはそのくぼみになるボールを 打ち出してあげなくてはなりません。

それを「オーバースピンをかける」というお題目の元 上に弾いてしまうと、いきなりそのくぼみの壁にぶつかって 跳ねて飛び出すことになります。 これでまず失速します。

初段で跳ねますから、ラインにも乗らないので 方向も安定しません。

距離感は 「距離」感です。 距離とは横への移動です。 ボールを押してあげればいいだけで その『押し具合』が打ち手としての距離感です。

距離感が掴みやすいポイントとしては ボールの移動速度とヘッドの移動速度が 出来るだけ近い方が良く、 弾いて打つような方法では距離感は掴み辛くなります。 軽いヘッドのパターでは弾かないと飛ばないですけどね…。

出来るだけ ロフトを変えず 地面に平行とは言わないまでも 地面との関係で 出来るだけ円を描かず 打ちだし方向に押してあげる だけ。

そういうパッティングの出来るパターを持てば 『毎度入る』とは言えないまでも 距離感は掴みやすく、パッティングで悩むことはなくなる と断言できます。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スライス撲滅には『柔らかいシャフト』が効果的【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

【GANBAX・BS】 B.B School「バスケ塾」 11/21~11/27のバスケットボール・スクール情報【【GANBAX・BS】 B.B School ~1対1のスキルにこだわったバスケットボールの『塾』です!!】

11月18日の練習 1000m+α【衣浦東部消防局陸上部】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:315
  • 累計のページビュー:1300867

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss