ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

スライス撲滅には『柔らかいシャフト』が効果的

このエントリーをはてなブックマークに追加

スライスが出るのは…シャフトが柔らかいからだ などと言われたりしますが、大きな過ちです。

理解に苦しむ、かも知れませんが ちゃんと恒久的に、スライスを撲滅したいのなら 「柔らかいシャフト」を使うべき! です。

硬いシャフト そしてヘッドが軽ければ (スライスの問題は概ねドライバーでしょうから) ドライバーと言う距離を求める道具にとって ゴルフクラブそのものに打撃力・破壊力の少ないクラブでは 兎も角 速くヘッドを動かさねばなりません。

ボールを捕まえる というのは ドライバーで、ティーアップしたボールを打つ と言う条件であっても ヘッドが上から入ってくる や 体の姿勢によって 進行方向が下向き や フェース面が上からボールを見ている など ロフトの締まった状況があって ボールの逃げるところがない(少ない) などが 必要になります。

ヘッドをたくさん、そして速く動かす ということは それらの条件を満たさず、相反する状況を造り易いので 遠くへ飛ばしたい  (ー_ー)  ボールをつかまえたい というのは 矛盾と言うか、相反する関係になってしまい どちらかを満たすと どちらかが欠ける ということに なってしまいます。

弊社の悶絶クラブ と呼ばれるクラブは ヘッドの重さも、シャフトの柔らかさも 想像以上の代物であることは確かです。

ブログなどを読んでご来店される方の多くが ある程度の予備知識があったとしても たいがい 実物を見るとびっくりしますし、 スイング動画などを見てピンとこないものであって レクチャーをしながら打って頂くと 非常にシンプルなクラブの使い方 と思われるようです。

リンクテキスト

重いヘッド、柔らかいシャフト のクラブは くらぶそのものに破壊力を持っていますし 慣れてくれば 打ち手の動作の促進剤にもなりえます。 今まで ヘッドを振って シャフトをしならせて しなり戻して ボールを打っていた方にとっては 今まで以上に スライスしたり、弾道が高くなったりしますが、 その使い方に慣れてくると いつの間にか ショットの中に「スライス」と言う球種が 消えてしまうのです。 全員とは言い切れないかも知れませんが 例外はとても少ないような気がします。 逆にスライスが打てず苦労している方も少なくないです。

まあ 手前味噌なところはありますが、 一般的な 軽いヘッド、硬いシャフト、小振りなヘッドを 使っては 弊社のクラブで出る 左回転の… 巷でよばれる「ドローボール」の球筋は 出せないと思いますね。

悶絶クラブは筋力系でなく、きれいな左回転のボールを 簡単に生み出せるクラブになります。 .



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【GANBAX・BS】 B.B School「バスケ塾」 11/21~11/27のバスケットボール・スクール情報【【GANBAX・BS】 B.B School ~1対1のスキルにこだわったバスケットボールの『塾』です!!】

11月18日の練習 1000m+α【衣浦東部消防局陸上部】

【イベント情報】11/18(金)【Wanna work abroad? 国際派を目指す君へ ~アルビレックス新潟シンガポール代表取締役是永氏からのメッセージ~ 】【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:347
  • 累計のページビュー:1257142

(06月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss