ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフ◆シャフトは正しく使いましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

巷に横行するシャフトしならせ&しなり戻し理論 困ったものです(ー_ー)!!

ウソも百回つくと、本当?になってしまう、かの 勢いですが、クラブの取り扱い、シャフトの取り扱い としては、大変間違った考え方です。

クラブヘッドの重量の中心点は シャフトの延長線上には存在しません。 ライ角度も存在しますし、 重心距離や重心深度も存在します。

すなわち、シャフトをしならせる ということは、シャフトを捩じることと 同意語である、という認識が必要です。

アドレス時、ヘッドの重量は シャフトよりも右側(飛球線後方側)に ある訳で、シャフトをしならせる (ヘッドを右に送り込む) のと シャフトをしなり戻す(左に)というのは 同一の運動には成り得ません。

さらに、クラブを右に動かしている時よりも 左に動かしている方が運動のスピードも速く なりますから、質量はそのスピードの二乗分 重くなるのです。

このサンプル映像は、テスト用の 非常に数値の低い(柔らかいシャフト) アイアンを打っています。

流行りの軽量スチールシャフトの フレックスSが、振動数290位ですから 半分の数値と言っても良いと思います。

さぁ シャフトを撓らせていますか? しなり戻す動きをしているでしょうか?

シャフトの本当の役割は ヘッドの重さ、特に重要なヘッド形状がつくりだす 重さを打ち手に伝え 動かしていく方向をガイド/誘導したり クラブやクラブヘッドの重さを 運動のスピードに加算するため、です。

シャフトはヘッドを動かすのが役目 ではなく グリップを動かさせるのが役割です。

ここが最大のポイント。

市販のクラブではその概念は 絶対に味わうことが出来ないと思います。

クラブが作り出す、重さとベクトルを シャフトを通して、グリップ~打ち手に 伝え、上手に打たせる 打たさせてしまう、というのが 本当のシャフトの役割なのです



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

11月16日の練習 ビルドアップ走【衣浦東部消防局陸上部】

第31回 大府シティ健康マラソン大会 詳細【衣浦東部消防局陸上部】

【GANBAX・BS】 B.B School「バスケ塾」 11/14~11/20のバスケットボール・スクール情報【【GANBAX・BS】 B.B School ~1対1のスキルにこだわったバスケットボールの『塾』です!!】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:196
  • 累計のページビュー:1282454

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. キャディでの体験記
  7. トーナメントを見て
  8. 軽量スチール撲滅主義
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss