ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフ◆飛ばしのひみつ⑤ 右手の使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

飛ばす のには絶対に利き手である右手の活用は不可欠だ。 よく左手のリード…というのは理解できるが 右手は使ってはイケナイ などという先輩たちもいるが では 何故野球のように 利き手の右手がリードになる 左打ちを推奨しないのか不思議で仕方がない。 道具…という観点からすれば、確かに多勢に無勢で 左打ちはやや不利ではあるけれど、 先行する手が重要で、右打ちの利き手 右手を使わないので あれば、右打ちにする必要はことさらないだろう。

まあ それは兎も角、 利き手の右腕をフルに活用するから ヘッドを振る という意味ではないが 『ボールを叩く』ことも出来る訳だし 微妙な距離感なども、当然利き手で行った方が 感覚的にも馴染みやすいと思う。

どう 利き手を使ったらよいのか そこがポイントになる訳だが まず ゴルフスイングには約束ごと が存在する。

質問:アドレス時 右手と左手はどちらが上にあるだろう? 解答:確かにどちらが高い位置にあるか、と言えば    左手の方が高い位置にはあるけれど    いくつかの種類はあるとは言え、    左手の親指に覆いかぶさっているのは右のグリップ    即ち 右手の方が上に存在する。

そこがまず一つ目のポイントだ。 その位置関係が 正しいロフトでのインパクトを促し その位置関係が ボールを打つ際の体の姿勢を形成する。

どんなに良いボールとの衝突を作っても 体の姿勢が悪く、それが上に飛んでしまったり 打ちたい方向ではない方向に飛んでしまえば その飛距離は無駄になってしまう。 小手先で作るロフトや向き より はるかに多く、 そして大きく 体の姿勢や向きは 飛距離や方向を左右する。

そして それは非常に短い時間のスイングという行為の中で ✋ボールとヘッドを接触させる ✋どの方向に飛ばす ✋クラブをどう動かす などの優先事項に比べ、大変低く 一旦動作が始まるとなかなか制御することが出来ない。

そして 動作中のゴルフクラブは使い方によっては 数キロから十数キロの負荷になってしまい その負荷を考慮しつつ ボールに当てたり 目標方向に飛ばしたりするのは  条件反射的な体の姿勢や向きで補うことが多く クラブをどう移動させるか、クラブの姿勢はどうか クラブの創りだす不可抗力の管理というか、制御が 直接 体の姿勢や向きを作っていく という事を よく認識した方が良いと思う。

その上で 左右のグリップの上下関係というのは とても大切で、 ポスチャアでの前傾姿勢を無くせば 左グリップ・右グリップ・シャフト・ヘッド と そういう上下の関係である というのは ゴルフクラブの機能を利用する上でも大切だし 体の故障を生まない という事にもとても密接している。

二つ目のポイントに ゴルフショットでボールを飛ばすのには 体の回転の速度 グリップの移動の速度 というのはとても大切です。

誤解しないように言うと 飛ばすため ガンガン素早く体を回せ ガンガン素早くグリップを移動させろ という事ではなく 出来るだけ楽にできる、繰り返しできる速度が重要! その上で、自分の勘違いや体さばき 自分の創りだすゴルフクラブの運動負荷によって その体やグリップの移動を阻害するようなことは避けよう! ということ。

で 右手の話✋に戻るが 右手を使って失敗するケース というのは まず一つ目の 右手を使って フェースターン クラブ(ヘッド)を返そう という動きです。 自分で実施・実験してみれば分かりますが、 ヘッドターン、ヘッドでグリップを追い抜く右手さばきは すればするほど 左手の移動を留め ことと場合や量によっては 左手を逆行させる動きで ヘッドを返そうと、ヘッドでグリップを追い抜こう と すればするほど クラブそのものの移動は留められます。 自分自身で矛盾を作り出しているのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウィング改造
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【イベント】11/2(水)『企業とスポーツの幸せな関係を求めて ~スポンサーマッチングの現場から~』【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

10/30練習!【川崎 横浜 ラグビークラブ 『三善クラブ』】

10月31日の練習 90分緑道ジョグ【衣浦東部消防局陸上部】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:396
  • 累計のページビュー:1242526

(04月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. トーナメントを見て
  7. キャディでの体験記
  8. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  9. 軽量スチール撲滅主義
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss