逆立ちすれば答えが分かる♪かもしれないブログ

亀田家と侍ジャイアンツと美しくないオトナたち

このエントリーをはてなブックマークに追加

亀田大毅が「負けたら切腹」と言い出したときに、僕はメチャメチャ違和感があった。なんでいきなり切腹なんだろう?コメントとしては別に対して面白くもないし。まあ、違和感があったのは僕だけではないようで、当の内藤も「なんで切腹なの?本当にするの?」聞いていたぐらいだ。しかもそこで突っ込まれて逆ギレするという意味の分からない展開。


ちなみに僕がその時思い出したのは、「侍ジャイアンツ」というアニメの番場蛮のことである。


まあ、いまどきの若い人は知らない(というか僕と同世代のヤツも多分あんまり知らない)だろうが、典型的なスポーツバカである「巨人の星」の星飛雄馬よりは傲岸不遜な「侍ジャイアンツ」の番場蛮のほうが好きだった。


番場はアンチ巨人でありながらジャイアンツにスカウトされ、巨人軍を内部崩壊させてやろうと息巻いているというなかなかイカした設定のキャラクターなのであるが、こいつが2軍戦に登板する時にこんなことをのたまったのである。



「川上さんよ・・・俺が勝ったら、あんたジャイアンツの監督辞任しろよ。その代わり俺が負けたら・・・腹かっさばいてやるからよ」

「せ、切腹・・・!!!(ガーン!!)」


※うろ覚えです。



子供心に「いくら侍だって、そんなことでなんでいきなり切腹するんだよ」とTVに向かって突っ込んだ記憶がある。大毅の発言はそれと同じ気持ちにさせるものがあったわけだ。しかもオマエは侍じゃなくて弁慶だろ。弁慶なら仁王立ちして往生せい。


とか思っていたら、今日、驚愕の事実が判明した。


なんと亀田のオヤジは筋金入りの侍ジャイアンツファンらしいのである。


以前、オヤジが興毅に贈った手紙の内容がTV放映されたことがあるらしいのだが、なんとその内容が侍ジャイアンツの最終回で川上哲治が番場蛮に送った手紙とまるっきり内容が同じだと言うのだ。



詳しくはこちらへどうぞ。



これには脱力した。どうやら、この件から照らし合わせるに、例の切腹発言も侍ジャイアンツマニアのオヤジの入れ知恵なのは間違いが無いのだろう。


「そういや、番場が切腹って言っとったな、メチャかっこよかったで。よっしゃ、今度はアレをパクッたろか」

※エセ関西弁なのは目をつぶってください


オヤジの声が聞こえてきそうである。侍ジャイアンツのどこにそこまで思い入れがあるのかは定かでないが、この事実を知ったら、興毅も大毅もどう思うのだろうか?

興毅は「ああ、オヤジがこんなに似合わん手紙俺に書いてくれるなんて」と思っていたに違いない。大毅は「オヤジが言うことなら間違いない。切腹する言うとけば話題も呼ぶやろ」と信じてあんなしょうもない発言をしたんだろう。

そのオヤジが信じているものは、侍ジャイアンツという梶原一騎ワールドそのものだったわけだ。そういえばしょうもないトレーニングメニューもなんだかマンガじみた物が多かった気がする。てっきりアレはTV向けにやっていることだと思っていたのだが、どうやらこのオヤジは本気で考えていたようだ。

このオヤジじゃダメだ。だって侍ジャイアンツだぜ。反則指示もなにもかも、こやつは頭の中は昭和のスポ根ワールドそのまんまだってことだ。いい歳こいて、マンガの中と現実の区別が付かないサイコな連中と大差ない。



オヤジだけじゃない。どうしてこの兄弟の周りにはロクな大人がいないのだろう。


持ち上げていたと思ったら急に叩き始めたテリー伊藤。

TV解説では何も言わなかったくせに急に「処罰が遅すぎた」と言い出す赤井英和。

揃いも揃って敗北に「すっきりした」とか言い出す「とくだね!」の連中。

高橋ジョージは徹底して亀田擁護だからまだ貫いていると言えるか。いやいや、コイツはトヨタのカーナビかなんかのCMで「ロード」を替え歌で歌っていた時点で既に何かに魂を売っている。ロッカー失格だ。アレはファンの子からもらった手紙の中の実話の悲しい話じゃなかったのか。生きていくのは大変だな、ジョージよ。

亀田家を切り捨てる道を模索し始めたらしい協栄ジム。

諸悪の根源と目されるTBSは知らん振りを決め込んだまま。

そしてJBCも他人事のようなコメントを繰り返すばかり。


周りに居る大人たちよ。このオヤジじゃどうにもならん。せめて持ち上げてスターに祭り上げたお前たちが、オヤジのしょうもない妄想の投影先となっているこの兄弟を何とかしてやってくれ。まっとうな道を歩ませてやってほしい。それがお前たちがやってきたことに対する責任というものだろう。



ランダエタ戦でダウンを食らったあとに思いっきりビンタされて居たときの少年のような表情。そして18才のまっとうなセンスの若者にしてみればあまりにもキツイと思われる弁慶のコスプレ。なにもかもが哀愁を帯びて見えてくる。


この兄弟が本気で哀れに感じてきた。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツ徒然
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

亀田家と侍ジャイアンツと美しくないオトナたち

>星飛雄馬さん

なんかこう・・・僕はどっちかというとちょっとイタイ感じがして見えております。

なんか茶番的というか。ズレテイルというか。あの記者会見の質問とかもなんかおかしい。

亀田家と侍ジャイアンツと美しくないオトナたち

このスレッド そろそろ下火気味ですけど面白いネタをもうひとつ!
切腹発言まで 侍ジャイアンツゆずりとは大笑いです!   知りませんでした。

実は、こないだの会見での感動の名台詞「うちのオヤジは世界一や」(涙、、、)

実は今から40年くらい前の 巨人の星の名台詞でもあるんですよ
「俺の父ちゃんは日本一の日雇い人夫だ」
主人公の飛雄馬が父の職業をバカにされたときに大人たちへの啖呵をきるんです。
だいぶ昔なのに今でも覚えてる感動の台詞です。
それでなくても、あの親子 ずっと前から 巨人の星飯だと思ってたので・・・

最近は腹立たしいというより アニメにそこまで感化された あの親子に大爆笑です

Re:亀田家と侍ジャイアンツと美しくないオトナたち




> はまださん


アニキに関しても前からちょくちょくいわれてましたよね。過去の戦績よりはこれからで見たいところなんですけど、結局王者になると無難なマッチメイクが多くなってしまいますのでなかなか難しいなあ。


> ケニチさん


本当にそうですね。どうやら謝罪の場でも亀田のオヤジは変わりませんでした。自分は庇っているつもりなのかもしれませんけどね・・・。


> カミカゼさん


情報ありがとうございました。亀田次男も実は侍ジャイアンツ大好きだったりして。


> ボロさん


アレを初めからやればいいのに、と思った人も多かったでしょうね。実際、あの試合は見事なモンだったと素人目には見えます。


> 拳闘好きさん


なるほど、詳細な解説、ありがとうございます。長男のスタイルの変遷が大変良く理解できました。これから、しっかりしたボクサーになっていってほしいですね。


> コロッケさん


拳闘好きさんへののツッコミは、例として分かりづらいのは確かですが、本文を読めば理解できることなのでよろしくないかと。

Uさんへの突っ込みはイマイチです。


> Uさん


それであってもランダエタにはスタイル変更で完勝してますから、それは評価しなければいけないと思いますよ。


>内藤さん


そういう駆け引きしないほうが内藤には得策だと思いますよ。


>パスタさん


その通りですね。


>あさん


ただ、ランダエタの初戦は亀田スタイルでしたよね。


>たぬさん


どうでしょうね、そこで同じ土俵に立っちゃいけない気がしますけども。ただ、「18才だから・・・」みたいな意見には僕も賛成できません。叩かれるのも覚悟で大口は叩かなければいけませんから、ショックを受けてる場合じゃないとも思っております。


>?さん


そうかもしれませんね。ただ、僕にはなんともいえませんのでちゃんとしたコメントを返せません。すみません。


>蒲焼さん


「そこまで強くない」というのはそうかもしれませんが、それでも色々な相手とやって経験値をつんでいる選手だというのは評価しなければならないのではないでしょうか。亀田にはなによりもそれが欠けています。(だからといって弱いといってるわけではありません。)


> さん


2人とも、経験があるボクサーですからね。少なくとも簡単にやられてしまうことは無いでしょう。


> バロスさん


まあ、それは貫きべきじゃないですかね。このブログの発言では、そんなに間違ったこと言っているとも思えないです。


> Vさん


本当はそこまで貪欲であって欲しいですけどね。ドサ周りを続けるジョーのように。


> さん


場所を選べばいけるかもしれませんよ。それより問題はそこまでやる気があるかってことです。


> ムジナさん


海外のマスメディアもどうってことない気もしますよ。ただ、スポーツマスコミはもうチョイ競技に対して真摯な気もしますけどね。

あと、このブログといっしょにされたらテリーのほうが怒るんじゃないですかね?テリーは打算で動いてますけど、別にこのブログは商売っ気ナイですし。


> !


ぱ、パクリ?!そうだったのか、すいません!!


> ?さん


TBSってちょっと違う気が・・・他局ならまだわかりますけど。

Re:亀田家と侍ジャイアンツと美しくないオトナたち

またこれを上げている間にいろいろあった模様ですが、しばらく亀田家の試合も無いでしょうし、WOWOWにてエキサイトマッチを見る日々に戻るとします。


> a さん


僕はあんまりそういう展開は望んでないです。そのままドロップアウトせずに、ボクシングを通じて再起して欲しいですよ。内藤の言うとおり、まずは日本チャンピオンから。


> 教えてさん


他の方に答えていただいたと思いますので、僕の意見は割愛させていただきます。っつうか、僕にははっきりしたこといえませんので。


> 馬鹿連中さん


誰のことなのかは判然としないのですが、やくみつるあたりもあまり言わないほうがいいと思っています。


>ドイさん


下のほうで詳細解説頂きましたが、やっぱり亀田側からのコメントのようです。


>kariyushiさん


しょうもないブログですが、いつもコメントいただいてホントにありがとうございます。かなり書き流しでお見苦しいこともあるかと思いますので、あまりお褒め頂くと恐縮ですね~。

しかしkariyushiさんもホントにどんな話題でもガンガン来ますね。個人的にはそのほうがすごいですよ。むしろ。


> さん


TBSはそう考えているのかもしれませんね。しかしこれだけバッシングが厳しい中、どういうやりかたしてくるんでしょうか。


> 新風亭こささ さん


侍ジャイアンツを元ネタにしてるライター・・・。そうだったらシブイなあ。あの誤字脱字までやってたとしたら天才かも。

下の坂田や内藤に絡む論戦はお気になさらず。割り合い健全な論争だと思いますし。


> KOさん


そうかー、一歩ネタまで・・・。マキ割りとかもやってましたね。ロッキー4か。

それでも、これらの主人公のようなキャラクターだったら、誰も何も言わなかったと思うんですがね。


> あさん


アニキは弟とはレベルが違うのは間違いないですよね。ただ、アニキの実力はみんなが測りかねているんじゃないでしょうか。弱くは無いけど、どのレベルなんだ、というのがどうも判然としない。


> 提案さん


とにかく過保護にしないところで・・・。筋から言えば協栄なんでしょうけど、実際どうするのかなあ。これから。


> おがさわらさん


どうでしょうねー。僕が言えるのは、ランダエタは1戦目は勝ってたけど、2戦目は完敗だったってことぐらいです。


> タモリさん


そうなんですよねー。比較対象もしづらい。「誰と誰だったらどっちが強い?」みたいな論争って、その選手が引退した後とかにもひたすら酒の席ででも話せる話題ですが、亀田の場合、余計な要素が多すぎてそういう純粋な話が出来ないです。困ったもんだ。


> ?さん


たしかにそういう考え方もできなくないな、と思ってましたが、最初に出たのが坂田がらみだそうなのでちょっと違うっぽいですな。


> kenさん


僕は別に切腹しろとかは思ってないですよ。そして処分に関しても重いとも軽いとも言ってません。その件は厳しい、妥当な処分が成されていると思います。現実として亀田の練習場が自宅から切り離されればですが。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconhumanbeing

ゲームを作る仕事をしてます。やっぱ息抜きはスポーツに限りますな。見るのもやるのも大好きです。最近草サッカーでやたら点を取れるようになってきました。

なにかありましたらメールをこちらまでどうぞ。

lee_football_blog★yahoo.co.jp
  • 昨日のページビュー:33
  • 累計のページビュー:1265041

(09月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベッカムのクロスを真似すると内転筋が逝く件
  2. キミはクリロナを許せるか?
  3. 再掲:久保竜彦ヒストリーその2
  4. サッカースパイクの思い出
  5. 再掲:久保竜彦ヒストリーその3
  6. 再掲:久保竜彦ヒストリーその4
  7. 再掲:久保竜彦ヒストリーその1
  8. 努力の人・森岡隆三
  9. 規格外の男、久保竜彦について
  10. 【ネドベド】「どっち利き」やねん!!な人たち。【来るの?】

月別アーカイブ

2012
04
2010
06
04
03
02
2009
05
03
02
01
2008
12
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss