赤の血潮と、青の魂

サッカーはグランパス、 野球はドラゴンズ、 典型的な愛知県民 サッカー・野球共に選手の成長する過程を見るのが好きなタイプ。 海外サッカーも嗜みます。 プレミアはアーセナル(ベンゲル)、 リーガはアトレティコ(チョロ)、 セリエAはインテル(マンチーニがね~)、 ブンデスはシャルケ(育成がいい)、 こうして並べると、勝てそうで勝てないチーム好き? ドラグラ以外の事もけっこう書くと思います。

hototogisu

  • 昨日のページビュー:1384
  • 累計のページビュー:3648631
  • (01月18日現在)

最新の記事

風間八宏の決断

川崎フロンターレの、風間八宏監督が契約満了に伴い、 来季の契約を更新しないとのニュースにびっくりしました。 ボールを保持して主導権を握り、決定機を多く作る勝利を目指す派閥。 ボール保持には拘らず、守備から入り勝機を探る派閥。 大まかに監督のタイプ分けするなら、風間八宏は前者になる。 ここ数年のJリーグは後者が多くの勝利を重ねてきた。 圧倒的な個でタイトルを勝ち取ったストイコビッチ。 「VITOR......続きを読む»

日本代表、オーストラリアと引き分け。気になる田嶋会長の思考ロジック

最近の日本代表は勝てる試合を自分たちで難しくしてる 印象を持っています。 この試合もオーストラリアの出来がそれほどだっただけに、 勝ち点3を持ち帰りたかったです。 さて、この結果をJFA会長の田嶋幸三がどう考えているかは 結構重要で、日本代表の行き先を左右します。 そもそもハリルホジッチは原博実と霜田正浩が尽力して招集した人物。 現会長である田嶋氏と、現技術委員長である西野朗に取って ハリルホジ......続きを読む»

吉川尚輝(中京学院大)を2位指名できるか?  シュミレーション。

10月20日(木)に開催されるドラフト会議。 ドラゴンズはどのような戦略の上に、誰を指名するのか気になります。 ドラ1は投手指名が予想されるので、地元出身で大学No.1遊撃手の 吉川尚輝が2位指名まで残っているのか?と今からドキドキしています。 そもそも大学No.1遊撃手が2位指名で残るなんて都合のいい展開あるの?と 疑問符が出ます。 今年のドラフトは投手に有力候補が多い背景があります。 それと吉......続きを読む»

アビスパ、再起は井原正巳と共に

今シーズンのアビスパは、残念ながら残念な結果になってしまいました。 気になるのは名将候補の井原正巳監督の去就です。 フロントは続投の方針のようですが、不振の責任を本人が感じていたり、 他チームからの引き抜きの可能性もありえます。 しかし、J1昇格させた経験と、アビスパがJ1で戦う上で何が足りなかったかを 体感した監督は井原監督しかいません。 フロントは早急に契約をまとめて、適切なタイミングで発表す......続きを読む»

『グランパス』宮地元貴、最大の武器は人間力。

来期、慶應義塾大学ソッカー部から加入する宮地元貴(184 cm 82 kg)。 幼少期は静岡県で暮らしていたが、中学は文武両道を目指して 祖母の家から通える桐蔭学園中学校に進学。 高校時代は育成の評価が高いヴェルディユースへ。 「慶應っていいな。“慶應ボーイ”ってカッコいいな」との 憧れから大学は慶応を選択と行動力がすごい印象です。 ポジションもヴェルディユース時代は、中島翔哉、前田直輝と ......続きを読む»

そもそも山口蛍は国内組じゃないと思う

W杯アジア最終予選のイラク戦で、ロスタイムに山口蛍が 起死回生の一撃を叩き込み日本を勝利に導いた。 そうした中、一部メディアの報道で、国内組の意地を見せた、 海外組を優先するハリルホジッチはどう思っただろう的な 反応が見られた。 こうした反応は予想されたものだったが、個人的に山口蛍を 国内組カテゴリーで語るには違和感がある。 実力的には海外クラブでプレーしていなければおかしい存在。 個人的な理......続きを読む»

『ドラゴンズ』森脇浩司氏コーチ就任浮上。

『オリックス 前監督の森脇SAと契約更新せず』スポニチ9/19 この記事を見て、何があったんだろうな?と不思議に思いました。 森脇浩司氏は球界では、人柄も指導力もを高く評価されている人物。 野村克也が自著で、「野球の話ができるのは森脇と落合博満だけだった」 と書いてもいます。 そんな人物がなんでオリックスを離れたのかな?と疑問に思っていました。 『中日1軍守備・走塁コーチ候補に元オリ森脇監督 戦......続きを読む»

『ドラゴンズ』又吉先発転向で成功のカギは進化

中継ぎである程度、計算できる又吉の先発転向はリスクを伴います。 それでも中継ぎとしては頭打ち、伸び悩んでいる風に見えるので、 きっかけを作る配置換えはやってみる価値はあります。 当然、調子を崩して又吉が戦力にならない危険性はありますが、 リスクを冒さないと、より大きな成果は掴み取れません。 慎之介や大野に対して、カーブ習得を薦めるなど新しいことに 取り組みをさせるなど、投手に関しては進化を促すよ......続きを読む»

『グランパス』新加入FW、松本孝平は素材型。

来シーズンからグランパスに入団する国士舘大のストライカー松本孝平(186 cm 85 kg)。 日本人では希少なサイズがありながらスピードがあるタイプ。 ボスコが来期も続投するなら、1トップで起用されることになります。 大学に入ったときの目標は消防官。 友達と県3部でプレーしていましたが、もっと高いレベルでやりたいと、 1年生の冬、11月に正式に国士舘大サッカー部に入ります。 Cチームからスター......続きを読む»

森繁和監督のリップサービスにガッカリな秋

西武辻監督誕生について聞かれた森監督のコメントがこちら。 「お互い頑張りましょう、と言っても(西武と中日は)格が違うな」 「あちらはいい駒(選手)がいっぱいいるし、1人でも2人でも、貰えたらいいね」 もちろんこれが記者へのリップサービス、冗談、ユーモアであることは 十二分に承知しています。 確かにドラゴンズは戦力不足であることも理解しています。 それでもこの発言はセンスと配慮がない! 確かに歴......続きを読む»

『グランパス』梶山幹太トップチーム昇格!

中スポにグランパスU-18の梶山幹太が、来期トップチームへ昇格とありました。 ここで「梶山くんあめでとう、活躍期待してます」と素直にお祝いできず、 「これがゴールじゃなく、ここからがスタートだ」と 謎の上から目線を発動する、こじらせサポな自分は困りものだなと反省中です。 本来、ユースからの昇格は8月に決定するそうなのですが、監督を兼任するGMが 8月に休養を取ってしまったので10月まで決定が遅......続きを読む»

『ドラゴンズ』監督に必要なコメント力。森監督は心配、小笠原監督は及第点

アインシュタイン 『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』 森繁和はコーチ時代、確かにドラゴンズ投手王国に貢献した人物だ。 しかし、復帰してからの3年間で勝利の方程式を確立できず、 成果を出せていないのも事実ではないだろうか。 3年間やってきてダメだった部分を同じやり方を続けて改善されるのだろうか? 前落合監督時代のやり方をコピーしたとしても選手が違うだけに、同じやり方......続きを読む»

戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なし

西川健太郎、大場翔太、多村仁志、川崎貴弘、石垣幸大、呉屋開斗と 戦力外選手が発表されました。 多村や大場は年齢的にも即戦力なので仕方ない面はあります。 ありますが、多村を取るくらいだったら和田を残留させてた方が、 代打の切り札として谷繁監督を助けられたんじゃないのと憤る。 大場もソフトバンクで居場所がなかったとしても、 1年で見切るような選手を金銭トレードで獲得する。 予算がないチーム状態で、こ......続きを読む»

『グランパス』VS福岡戦~中盤のバランスが良かった~

後半、永井のスーパーゴールが決まった瞬間、 福岡の選手は心の折れたのか足が止まりだし、勝利を確信。 これだけゆったりとした気持ちで観戦したのいつ以来だろう。 勝利の瞬間を喜ぶスタジアムの雰囲気に心が温かいもので満たされました。 ハ・デソンは4-3-3のシステムにマッチして、インサイドハーフが ベストポジションですね。 デソンがボールを失わずにキープして、正確なパスをすることで プレーにリズムが......続きを読む»

Jリーグ青田買いリスト 京都の黒豹、岩崎悠人

Jリーグにドラフト制度があったら、間違いなく高校卒1位指名で 争奪戦が巻き起こるであろう岩崎悠人。 170 cm 67 kgでスピードを武器にFWやサイドハーフを主戦場にするアタッカー。 現役日本代表では、シュツットガルド所属のジャガー浅野拓磨に近い プレースタイルです。 浅野が豹なら、岩崎は黒豹かなと安直な発想(浅野は茶髪で岩崎は黒髪)ですが、 スプリントする姿はしなやかなネコ科の動物を思い起......続きを読む»

『グランパス』福岡戦は我慢比べ

順位で最下位に沈む福岡ですが、敗戦も最少失点差が多く 簡単に勝たせてくれる相手ではないです。 最後まであきらめない、体を張って守る、労を惜しまず走りきる。 アジアの壁と呼ばれた井原正巳監督は堅実なチームを作りあげています。 それでもJ1で勝ち点を伸ばせないのは、選手のクオリティー不足。 ウエリントンはいい選手ですが、独力でゴールをこじ開けるタイプではない。 CBも個の力で抑え込めるだけの力量を持ち......続きを読む»

森繁和監督就任に感じるデジャヴ

週初めに小笠原監督で一本化と出ても、落合監督再任のウルトラCが あるかもと思っていましたが、森繁和監督で落ち着きましたね。 落合GMの体調面の不安は最後まで拭いきれなかったのでしょう。 報道で気になったことが一つあります。 小笠原、森共に球団が評価している共通点が、 コーチと良好な関係が築けるところ。 これを深読みすると、現職のコーチとは複数年契約をしている可能性有り。 (ポケモンGOの加藤打撃......続きを読む»

金崎夢生、激怒騒動で踊るメディアと外野~見習いたい冷静な鹿島フロントの対応~

日刊スポーツ『鹿島金崎みそぎの1発!鈴木獲得のPKを“強奪”』 http://www.nikkansports.com/soccer/news/1715545.html この記事の、鈴木優磨の写真の表情を見て改めて騒動を考えてみたくなりました。 第9節湘南戦の動画で該当する場面を見たが、確かに金崎の振る舞いは 褒められたものではないが、大騒ぎするほどのことでもないかなと思いました。 海外サ......続きを読む»

ドラゴンズ』大島が盗塁数の三分の一を占めるドラゴンズの機動力。来期はどうなる?

小熊は粘り強く投げてくれました。 小熊に代打を出す場面は、この試合のキーポイント。 代打の切り札が出るべき所でエルナンデスが起用され 層の薄さをより一層感じました。 たまたまスポニチ?だったか一面を見ると、阪神が陸上トレーニングの コーチを招いて盗塁数最下位脱出を図るとありました。 ここで驚愕したのがドラゴンズの盗塁数。 阪神 59個 巨人 60個 広島 118個 ドラゴンズ60個 最下......続きを読む»

『グランパス』新規サポーター獲得のために地上波放送をするべき

2026年の夏季アジア競技大会が「愛知・名古屋」で開催されることが 決定しました。 老朽化して大会基準を満たしていない瑞穂スタジアムの全面改修が 必要になるそうです。 中林専務はサッカー専用の新スタジアム構想優先とコメントしています。 しかし、瑞穂改修は決定的なので、名古屋市としてはキャパが大きくなった 瑞穂競技場の維持費のために、グランパスに利用してもらいたいと思うはず。 (グランパスがホーム......続きを読む»

『グランパス』 VS仙台戦~心臓に悪いよ~

田口の追加点が決まったのが57分。 2点差はセーフティーリードと思ってる派ですが、 グランパスの現状を考えると、1点返されるとバタバタするのが 目に見えていたので、残り30分もあるのかとドキドキすることに。 負けが込んでるチームはリードしても不安に駆られて浮足立つんだなと、 勝手に体感してしまいました。 磯村のOGが87分で、案の定バタバタし始めましたが、残り時間を なんとか乗り切り終了のホイッ......続きを読む»

『ドラゴンズ』不可思議な起用はなぜ起こる?  古本が一軍で起用されない理由を考察(邪推)

今日のタイガース戦。 最下位は回避しろとのオーナー指令の影響か、若手ではなく 森野と藤井がスタメン起用されました。 そこで完封されちゃダメでしょ。 打てないなら小技を利かして、足を使ってかき回す曲者がいないと。 友永、井領、石岡あたりは俊足も売りのはずだけど、どうなんだろう? さてファームでがんばってるのに、一軍からお呼びのかからない古本武尊。 そこには様々な理由が考えられるので考察(邪推も込み......続きを読む»

『グランパス』仙台戦はサイドの攻防がカギ

常に正念場で、一戦必勝状態のグランパス。 毎試合負けられない中で、仙台との対戦になります。 予想スタメン 永井 シモビッチ(川又) 小川(矢野) 田口 イ・スンヒ ハ・デソン(小川) 磯村(古林) 闘莉王 竹内 矢野(磯村) 楢崎 広範囲に動ける川又をスタメンから起用した方が、 プレスの出発点として良いように思います。 ポゼッションが出来ないと仮定して、ロングボールが 増えるシチュエーションを想......続きを読む»

『ドラゴンズ』FAで平田と大島が移籍したら、堂林(広島)のトレードを画策してもいいのでは?

岩田、雄大の引退が発表され、寂しさが募りますね。 実績のある選手がどんどんといなくなっていく。 若手にはチャンスでもありますが、編成は危機感を持ってほしいですね。 今年はFA市場が賑やかで噂レベルでは、 岸(西武)→楽天(岸は宮城出身) 陽(日ハム)→ソフトバンク(ドラフトでの因縁) 山口(横浜)→巨人(先発、抑えの経験を買って) 糸井(オリックス)→巨人・阪神(東京に自宅有) と動きがあります。......続きを読む»

Jリーグ青田買いリスト 群馬の矢、瀬川祐輔

群馬経由J1行き。 昨シーズン、江坂任は13得点3アシストを記録して大宮に移籍しました。 今シーズン、その後を追いそうなのが瀬川祐輔です。 大学卒1年目で 170cm 67kgの右サイドハーフが主戦場の選手。 シーズン途中に、そのスピードと得点力を買われ、FW起用がメインに。 群馬の戦術のキーマンで、ボールを奪ったら相手の背後へボールを出すと、 解き放たれた矢のように瀬川が電光石火、ゴールに襲い掛......続きを読む»

城福浩は甲府へ復帰したらいいと思う。

城福浩(55)がFC東京で2度も解任されたのは、彼が”和製ラニエリ”で ティンカーマンだからではないだろうか。 イタリア人監督のクラウディオ・ラニエリは、アトレティコ、バレンシア、 チェルシー、ユベントス、ローマ、インテル、モナコ、ギリシャ代表監督と、 世界各地の名門クラブを率いている指揮官です。 昨年レスターで初めてリーグタイトルを獲得し評価を高めましたが、 それまでは「「ティンカーマン(こね......続きを読む»

『ドラゴンズ』落合GMの社会人偏愛に疑問?

9/18の中日新聞 「今のチームに補強ポイントはない」球団幹部(夏のトレード期限終了前) 「ベテランがやめ、若手への切り替えがなされました。育成選手、  外国人選手を倍増した。編成面でできることは球団としてやってきたつもりです」 球団社長(谷繁監督休養会見で、編成面についての質問への答え) 編成の責任者、落合GMの去就はオーナーの判断で決まりますが、 GMの職から離れても副社長や3軍監督の席が用意......続きを読む»

『ドラゴンズ』低迷期のベイスターズと酷似するフロントの混乱

本題に入る前に昨日の小笠原のピッチングについて少し。 18歳が1軍でクオリティースタートを6回記録してることだけでも 十分にすごいことだと思います。 5回にピンチで山田哲人と対峙して3ボールになった後、 よくチェンジアップをコントロールできたなとハートの強さに感心しました。 山田も「チェンジアップが低めにくると、直球に見える感じで凄くよかった」と コメントしていました。 打は高橋周平が、投は小笠......続きを読む»

『グランパス』青木亮太、復活の狼煙

左ひざの大きな故障から青木亮太が、遂にTMですが実戦復帰を果たしました。 個人的な青木は、玉田圭司の後継者になりえると思っています。 それだけのテクニックと得点力を兼ね備えている存在です。 青木は東京VのJr.ユース出身ですが、ユースへの昇格を蹴って流経大柏に進学。 東京Vでは高木大輔、菅嶋弘希が評価が高く3番手の位置づけでしたが、 高校の強豪を選び、エースの重責を担ったことで大きく成長しました......続きを読む»

『グランパス』VSガンバ戦~ミス×ミス勝ち点を逃す~

この順位では内容よりも結果が問われるのでやるせない敗戦だった。 シモビッチ先発は、ガンバの失点がクロスからが多い(31.0%)からだと思う。 古林の滞空時間の長いクロスをシモビッチが収めてからのクロスから永井のゴール。 古林とシモビッチはやはり相性がいい。 流れを掴んでいた川又先発でも良かったと思わなくもないが。 右の矢野、古林、小川より、左の田口、永井、安田の方がボールが運べるから 左からの展......続きを読む»

1 2 3 4 5 6 7 8 10 12

このブログの記事ランキング

  1. 戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なし
  2. 呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。
  3. 落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。
  4. グランパス、監督休養の茶番劇
  5. グランパスと言う名の病③
  6. 『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。
  7. 森脇良太の侮辱発言の本質と、小笠原満男のキャプテンシー。原因は認識のズレ。
  8. 『グランパス』子会社化でトヨタの現場介入が悪化!?強化責任者不在での監督探し
  9. ザスパ"草津"群馬のSOS 君に届け
  10. 吉川尚輝(中京学院大)を2位指名できるか?  シュミレーション。

このブログを検索

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss