赤の血潮と、青の魂

月別アーカイブ :2017年04月

『グランパス』群馬戦に向けて

グランパスは 4/29(土曜日)19:00 正田醤油スタジアム群馬でザスパ群馬と対戦します。 群馬の人件費はJ2下位に位置します。 そんな中で大学卒ルーキーを積極的にリクルートして戦うチームです。 その中から江坂任・瀬川祐輔(現大宮)が活躍して群馬経由J1行きを成し遂げています。 その2人が背負った出世背番号26を付けるのが高井和馬。 昨年にグランパスの静岡キャンプに帯同したことのある選手です。......続きを読む»

『グランパス』本田圭佑Jリーグ復帰報道で盛り上がる界隈。

4/22 「本田圭佑Jリーグ復帰へ 某クラブ幹部が接触告白」 そもそも、この見出しで報道を先行して発信したのは、「日付以外は全て誤報」でおなじみのエンターテイメント性を重視している東スポ。 4/23 「J復帰報道も…ミラン本田圭佑がそれでも中国を選ぶワケ」 4/25 「本田獲得に「J複数クラブが興味」候補に神戸、鳥栖など…ミラン関係者明言」。 4/26 【戸塚啓コラム】本田圭佑のJリーグ復帰への夢......続きを読む»

『グランパス』~泥縄~

泥縄…「泥棒を捕らえてから縄を綯う(なう)」 泥棒を捕まえてから、慌てて(泥棒を)縛るための縄を作ること。 事が起きてから慌てて準備することを意味する略語。 山口は去年の方が良いサッカーをしていました。 山口の武器はポゼッション、コンビネーション、シートカウンター。 主力選手が抜け、ポゼッションと、コンビネーションの威力が落ちている中、ショートカウンターでしか得点が奪えない相手にミスでチ......続きを読む»

『グランパス』山口戦に向けて

4/22 14:00 土曜日、瑞穂陸上競技場でレノファ山口と対戦します。 山口県と言えば幕末では長州藩。 JFL→J3→J2と歩を進めた攻撃サッカーは国内では新鮮で、維新(変革)と呼ぶに相応しい内容のサッカーを展開しています。 グランパス対山口は革命VS維新といった見出しを付けてもいいかもしれません。 昨年の山口はJ2でポゼッション率1位(57.2%)を記録しました。 攻撃的で個々のタレントが輝......続きを読む»

『グランパス』ちょっと驚いたニュースと、若鯱たち。

グランパスはトヨタの子会社でもあるので、4/15の日本経済新聞にグランパス、取締役を22人から6人にスリム化と記事が出ていました。 代表取締役社長の佐々木 眞一が退任。 取締役会長 豊田 章男(留任) 代表取締役社長 小西 工己(旧 顧問) 取締役 松本 正己(留任) 取締役 加藤 宏幸(デンソー?) 取締役 岡本 祥一(中部電力?) 取締役 岩瀬 正明(名古屋鉄道?) 監査役 上田......続きを読む»

『グランパス』VS 徳島戦~アグレッシブさが足りない~

前節までのJ2ポゼッション率 1位 岐阜 △ 2位 千葉 ● 3位 徳島 △ 5位 グランパス 12位 岡山 ○ 16位 讃岐 ○ 17位 熊本 ○ 21位 水戸 ○ 22位 松本 ○ 単純に結論を言えば、相手がポゼッションを譲ってくれる相手には、個の能力で局面を打開して、決定力の差で勝利。 戦術的に高いポゼッション率を目指すチームには苦戦する。 そんな図式が浮かび上がってくる。 ボール......続きを読む»

『グランパス』徳島戦に向けて

4/15土曜日、ポカリスエットスタジアムで14:00に、徳島ヴォルティスと対戦します。 徳島はスペイン人のリカルド・ロドリゲス(43歳)を監督に迎え、ポゼッション率57.0%(リーグ3位)、シュート数平均リーグ4位、インターセプトとドリブルはリーグ1位と、アタッキングマインドの強いチームに生まれ変わりつつあります。 予算規模は、J2の中でもある方で、J2で活躍した選手や、J1で出番が限られた若手......続きを読む»

『グランパス』VS 讃岐戦 ~王様の左足~

監督のやり方が、安定して試合で発揮できる様になるまでは、内容が振るわない事も有ります。 そんな中でも、昇格をしなくてはいけないグランパスが、勝ち点を積み重ねていくには、個の能力で局面を打開し、得点を奪って勝利して行かなくてはいけません。 もうしばらくは、こんな風に不安定な内容の試合が続くのではと思います。 ”もうしばらく”が長くなるか短くなるかは、選手と監督のがんばり次第になりそうです。 さ......続きを読む»

『グランパス』讃岐戦に向けて

4/8土曜日の14:00に、瑞穂陸上競技場で、讃岐と対戦します。 故障者情報で、佐藤寿人と和泉竜司が6週間離脱すると発表されました。 チームとして形が出来つつある中で、キャプテンと攻守に活躍していた和泉の離脱は痛手ではあります。 しかし、長丁場のシーズンに、故障者が出ることは致し方ありません。 今まで試合に絡めなかった選手、試合で結果を残せなかった選手たちが、準備を怠らずに練習に取り組んでいたか。......続きを読む»

『ドラゴンズ』下を向くのではなく、前を見据えろ!

開幕から1分5敗と結果は出ていませんが、私は悲嘆に暮れていません。 ドラゴンズは戦力整備の途上。 若手を抜擢すれば当然ミスが起こる。 指導者経験が長いとはいえ、森繁和氏も監督1年目。 苦しいシーズンになる事は、想定内です。 それと落合博満監督(前GM)時代に受けた影響もあります。 4,5月は戦力を整えて、6月までは5割でOK。 7月頃にチームとして勝てる形を整えて、8月に攻勢を掛ける。 シーズン......続きを読む»

『グランパス』VS 熊本戦

5-1の快勝ながら、監督自身も語った様に、課題が残る試合でしたね。 そんな中で、FW陣が揃ってゴールを決めた事でチームに勢いが出て来ると、今後の試合もおもしろくなりそうです。 熊本戦に向けてで、松本戦後半の布陣で、試合に臨むべきだと書きました。 風間監督が選択したメンバーは、ポジションは違いますが、磯村を杉本に代えた以外は松本戦前半のメンバーでした。 寿人、シモビッチ、永井龍、杉本、玉田とF......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhototogisu

  • 昨日のページビュー:1384
  • 累計のページビュー:3648631

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なし
  2. 呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。
  3. 落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。
  4. グランパス、監督休養の茶番劇
  5. グランパスと言う名の病③
  6. 『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。
  7. 森脇良太の侮辱発言の本質と、小笠原満男のキャプテンシー。原因は認識のズレ。
  8. 『グランパス』子会社化でトヨタの現場介入が悪化!?強化責任者不在での監督探し
  9. ザスパ"草津"群馬のSOS 君に届け
  10. 吉川尚輝(中京学院大)を2位指名できるか?  シュミレーション。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss