赤の血潮と、青の魂

グランパス視点のSBS杯VSスロバキア戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校3年代の底上げを狙った今回のU-19代表は3連敗(1試合はPK戦負け)で大会を終えました。

スタメンの小島亨介(早稲田)は前半のみ。 キーパーの評価はこの2試合では難しいですね。 ポジショニングは安定していたし、佇まいも落ち着いていたので、 今後も同年代のトップを走り続けて楢崎の後継者を担ってほしい。

チームの戦術の関係もあるが、 攻撃の起点となるフィードを見たかった気持ちはある。

梶山幹太は後半途中出場。 この日はスプリント数と、仕掛ける・ボールを運ぶドリブルが 目に見えて増えて、一定の存在感を示せた。 シュートを打つ積極性も良かった。

もっとジョギングとスプリントに差を付けたり、プレーに緩急を 出して相手に捕まりにくいリズムを作ってみてもいいのではないだろうか。 アタッカーとして出場したなら、もっとアタッキングサードで ”違い”を生み出さないとトップ昇格への道のりは険しいものになりそう。

サイドハーフとボランチが出来る所は先輩の矢田旭と重なる。 当面の目標は矢田をどうやったら越えられるかに置いてみてはどうかと思う。

[SBS杯]U-19日本代表の守護神候補・GK小島、個人として「収穫があった」大会に≪ゲキサカ≫ http://web.gekisaka.jp/news/detail/?196403-196403-fl

小島亨介の記事がゲキサカに出ていたので参考までに。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
グランパスユース
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

VS浦和戦【赤の血潮と、青の魂】

ごぶさたしてます、真夏の夜のニッパツ(2nd8節・大宮戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ヤマ場【ダブルボギーの憂鬱】

グランパス視点のSBS杯VS静岡ユース戦【赤の血潮と、青の魂】

グランパス視点のSBS杯VSコスタリカ戦【赤の血潮と、青の魂】

グランパスの未来【赤の血潮と、青の魂】

2016.8.6 サンフレッチェ広島VS名古屋グランパス 〜もう今更だけど、全く連動性なし〜【生意気くらいが丁度いい。】

両チームにとって、それ以上でも以下でもない勝ち点1〜横浜F・マリノスvs名古屋(7月30日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

ブロガープロフィール

profile-iconhototogisu

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2824178

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なし
  2. 呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。
  3. 落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。
  4. 『グランパス』退団選手発表と、今後の展開予想
  5. グランパス、監督休養の茶番劇
  6. グランパスと言う名の病③
  7. 『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。
  8. 『グランパス』子会社化でトヨタの現場介入が悪化!?強化責任者不在での監督探し
  9. 森脇良太の侮辱発言の本質と、小笠原満男のキャプテンシー。原因は認識のズレ。
  10. 吉川尚輝(中京学院大)を2位指名できるか?  シュミレーション。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss